仮想通貨の口座開設をしよう! 〜『ビットフライヤー/bitFlyer』・『ザイフ/Zaif』〜

仮想通貨の口座開設をしよう! 〜『ビットフライヤー/bitFlyer』〜

 

 

 

仮想通貨 口座開設,ビットフライヤー 口座開設,bitFlyer 口座開設

 

 

 ※ 取引量、ユーザー数、資本金が、第1位、ビットフライヤー/bitFlyer(2017年12月・同社調べ)

 

 

 

 

 

 まずは、仮想通貨(取引所)、『ビットフライヤー/bitFlyer』 の口座開設を、みていきましょう!

 

 

 『ビットフライヤー/bitFlyer』 のHPを開いて、以下の順に進みますと、
 ビットフライヤーへメールアドレスの登録が完了します。(この後、お名前等の入力となります)

 

 

 

 「メールアドレス入力」 → 「アカウント作成ボタン」

 

 

 

 メールアドレスを登録しますと、下の画像のようなポップアップが表示されます。
 この、「キーワード」(赤枠)欄に、先ほど登録したアドレスに届いた、キーワードを入力します。
 (もしくは、メール記載のリンクをクリックしても、OKです)

 

 

 

 

 

 

 

 ※ 以下、画像はクリックすると拡大します。

 

 

 

 

 

 ※ こちらが、ご登録の際に送られてくる、初回のメールです。

 

 

 

 

 

 「キーワードの入力」 or 「リンクのクリック」 をしますと、
 下の画像の、規約等確認のチェックを行います。4つすべてにチェックを入れましょう!
 (キーワードを入力しても、エラーになる場合は、間違って、”パスワード” を、入力しているかも知れません...)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4つの項目すべてにチェックを入れて、次に進みます。
 (下の画像のポップアップが表示されます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここから、あなたのお名前の入力や、本人確認、銀行登録などを行います。

 

 もし、このポップアップが消えても、「ホーム画面・右下」 に、
 必要な確認事項の一覧が表示されており、そこからボタン1つで行えるので、安心してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以下、各項目の簡単な解説です。

 

 

 

 

1.二段階認証:ログイン時に、「グーグルのアプリで、6ケタの数字を取得」 して認証
       (仮想通貨の口座では、スタンダードなログイン方法です/任意ですが、必須です!)

 

 

 

(・取引時確認):← これ、紛らわしいですが、以下の項目の確認が終われば、確認済みとなります

 

 

 

2.ご本人情報のご登録:お名前等のご入力

 

3.ご本人確認資料のご提出:免許等を写メしてアップロード(2.が完了してから)

 

4.お客様の取引目的等のご確認:簡単なアンケート

 

5.転送不要書留郵便のお受け取り:手紙が届くだけ

 

6.銀行口座情報確認:お持ちの口座を登録
          (口座名義人、”カタカナ” で登録されている場合が多いです)

 

 

 

 

 2〜6は、ビットフライヤーを利用するのに、確認が必須な項目です。
 (特に解説も必要ないと思います)

 

 

 

 

7.ID セルフィー:クレジットカード入金するのに必要な項目

 

 

 

 

 

※ 「Facebook 連携」・「携帯電話認証」 は、必要ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.二段階認証

 

 

 二段階認証は、仮想通貨を購入するのには必要ありませんが、
 他サイトへ仮想通貨を送る際には、必須です。

 

 お時間がある時に、お早めに設定してください。

 

 なお、二段階認証の解説は長くなりますので、別ページで詳しく解説しています。
 お手数ですが、そちらでご確認ください。

 

 

 → ビットフライヤー 二段階認証

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.ID セルフィー

 

 

 

 

 

 

 

 『ID セルフィー』 という言葉、私は、今まで知らなかったのですが、
 欧米では、割と主流な本人確認の方法らしく、仮想通貨の口座開設では良く使われるそうです。

 

 変に名前が付いていてややこしくなっていますが、単に、
 「(免許等の証明書)IDを持って、自撮り」 して、HP上でアップロードするだけです。

 

 注意点としては、
 「IDに、指などがかかっていない(全体が見えるように)気を付ける」
 ということくらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨の取引所、『ビットフライヤー/bitFlyer』 の口座開設(ご登録)は、こちらから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨の口座開設 〜仮想通貨、ビットコイン、アルトコイン〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仮想通貨の口座開設、『ビットフライヤー/bitFlyer』 への登録、は終了しましたので、
 ここからは、当サイトのオープンの経緯と、説明をしていきたいと思いますが、
 まずは先に、

 

 

 

 「仮想通貨、暗号通貨、ビットコイン、アルトコインの、違い」

 

 

 

 について、簡単にみていきたいと思います。
 色々呼び名があってややこしいですが、

 

 

 

 「仮想通貨 = 暗号通貨」
 「アルトコイン = ビットコインを除く、仮想通貨」

 

 

 

 ということ、”暗号通貨” というのは、”海外” で使われていた言葉で、
 ”仮想通貨” という言葉は、”日本” で使われるようになったという話です。

 

 

 続いて、当サイトについてですが、
 当サイトは、

 

 

 

 

 日本語対応ブックメーカー一覧|ご利用マニュアル配布中!

 

 

 

 

 という、”ブックメーカー” のポータルサイト内に開設された、
 「仮想通貨の、口座開設〜購入〜出金」
 についての、管理人の健忘録といったサイトになります。

 

 

 そのため、管理人自体が、仮想通貨に対して初心者ですので、
 説明が不十分だったりするかと思います。(2018年2月下旬にオープンです)

 

 

 もし、何かお気付きの点がありましたら、
 フォーラムを用意していますので、そちらからご指摘いただければと思います。
 (トピックはご自由にお立てください)

 

 

 → 仮想通貨の掲示板!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この項目の目次!

 

 

 この項目では、以下の内容について書いていきたいと思います。
 (目次となっていますので、クリックで移動します)

 

 

 

 

 1.どの仮想通貨を購入
 2.仮想通貨の流れ
 3.どの仮想通貨・取引所の口座を開設
 4.海外の仮想通貨・取引所の口座開設
 5.国内の手数料

 

 

 

 

 

 

1.どの仮想通貨を購入

 

 

 

 どの仮想通貨のを購入するかですが、まず管理人は、
 「デイトレード(FX)ではなく、長期保有」 で、
 大爆発したビットコインの、2の次を踏もうと歩み出しました。

 

 そこで目を付けたのが、「UKG/Unikoin Gold(ユニコインゴールド)です。

 

 このukgは、”e-スポーツ” 関連の仮想通貨で、今後、e-スポーツ自体が、
 大きく伸びることが確定的ですので、こちらの仮想通貨の購入に決定しました。

 

 この、「UKG/Unikoin Gold」 は、日本の取引所では扱っていないため、
 購入には、海外の仮想通貨の取引所に、口座開設することとなります。
 (結局、FXに乗り出したので、ビットコインをメインにしているのが現状です...)

 

 

 

 ※ ”e-スポーツ” とは、ゲームの大会で、オリンピック種目にも決定しています。
   日本ではまだ馴染みは薄いですが、プロの日本選手も出始めています。
  (ブックメーカーの賭けの対象にもなっており、メインサイトでも、18年夏までに特集予定)

 

 

 (これは、管理人の健忘録ですので、強くお勧めしているわけではありません!!)

 

 

 

 

 

 

 

2.仮想通貨の流れ

 

 

 

 「UKG/Unikoin Gold」 を扱っている、仮想通貨の取引所は、
 海外の、KuCoin というところで、日本円で、仮想通貨を購入することはできず、
 日本で、仮想通貨を購入し、『KuCoin』 へ、送ることとなります。

 

 

 

「日本の仮想通貨・取引所」 → 「海外の仮想通貨・取引所」 → 「海外の〃日本のATMから出金」

 

 

 

 仮想通貨購入〜出金までは、私の場合、こういった流れとなります。

 

 

 

 購入:「ビットフライヤーで、クレカ入金で購入」
 出金:「Tenxのキャッシュカードで、コンビニのATMから出金」

 

 

 → TenXのキャッシュカードは、2018年4月現在、発行停止しています。
   ビットフライヤーのクレカ入金、同3月9日で終了しました。
  (結局、ビットフライヤーから銀行送金の利用になります/TenXカード、再開次第upします!)

 

 

 

 

 

 

 

3.どの仮想通貨・取引所の口座を開設

 

 

 

 日本の仮想通貨の取引所の中で、最大の取引量を誇るのが、ビットフライヤーで、
 コインチェック事件で懸念される、セキュリティ面んに関しても、”世界最高の水準” にあります。
 (セキュリティ監査会社、「queen社」 の、最高スコアを獲得)

 

 まずは、日本での仮想通貨の取引所として、ビットフライヤー で口座開設しましょう!

 

 この他では、『ザイフ』 が、ビットフライヤーと2分する取引所ですので、
 次点では、『ザイフ』 がおすすめです。(他サイトへの送付手数料が安い)

 

 他にも、DMMやGMOなどもありますが、
 コインチェックを含めて、”国内3大取引所” と呼ばれていましたので、
 ビットフライヤーか、ザイフでいいかと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

4.海外の仮想通貨・取引所の口座開設

 

 

 

 続いて、海外の仮想通貨の口座ですが、

 

 

 数ヶ月〜数年後に上がってることを希望して、仮想通貨を購入するなら、KuCoin
 ビットコインでFXをするのなら、BitMex

 

 

 が、管理人としてはおすすめです。

 

 BitMexは、海外のFXの中でも大手で、レバレッジも100倍まで、
 メールサポートを含めて、日本語に対応しているなど、
 仮想通貨でFXをするなら、BitMexの1択といった感じです。
 (ブログ等を見ていると、海外の方が、FX手数料が安いというのも、決め手の1つです)

 

 なお、

 

 ネットで集めた情報の中では、仮想通貨でFXをするなら、
 ビットコインでいいというのが、大半の意見でした。(取引量が多い通貨が好ましいです)

 

 

 

 

 

 

 

5.国内の手数料

 

 

 

 ここでは、ビットフライヤーとザイフの手数料について、簡単に確認したいと思います。

 

 確認するのは、”他サイトへの、送付手数料”・”日本の銀行への、出金手数料” の2つです。
 (入金手数料は、各指定の銀行への振込手数料ですので、省略します)

 

 

 

 

 他サイトへ送付
  ザイフ:0.0001BTC
  ビットフライヤー:0.0004BTC

 

 

 出金
  ザイフ:50万円未満、350円/50万円以上、756円
  ビットフライヤー:50万円未満、540円/50万円以上、756円

 

 ※ ビットフライヤー、三井住友銀行の場合、216円/50万円以上、432円

 

 

 

 

 ザイフの方が、共に数百円安い感じですが、
 個人的には、「セキュリティ・ファースト主義」 を掲げている、
 ビットフライヤーの方が、安心して利用できると思います。

 

 なお、他サイトへの送付手数料は、ちょくちょく変動しますので、
 各仮想通貨取引所のHPで、再度確認してください。(掲載は、2018年4月時点の数字)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨の取引所、『ビットフライヤー/bitFlyer』 の口座開設(ご登録)は、こちらから!

 

 

 

 


トップページ