海外競馬コラム! 〜ブックメーカーみんな.com〜

まずは、当サイトから、新着情報を!






日本語対応オンラインカジノ【ラッキーニッキ―カジノ】新規オープン!





 ラッキーニッキ―カジノ


 初回入金額×100%」 + 「フリースピン30回転」 + 「2nd入金 & 3rd入金」





 2017年2月、日本語対応のオンラインカジノが、”新規オープン” 致しました!


 【ラッキーニッキ―(lucky niki)カジノ】 は、ヨーロッパで人気の、
 【EU Casino】 を、提供している、『Skill On Net社』 が、
 ”日本の味を取り入れたゲームサイト” を、独占リリースした、オンラインカジノです。


 遊べるゲームは、近年、大変評価の高いゲームソフト、『Netent』 をはじめ、
 マイクロゲーミングなど、複数のソフト会社のゲームが、お楽しみいただけます♪


 気になる、初回入金ボーナス等は、
(各回、ボーナスコード:”YES” を、ご入力ください!)



初回100ユーロまでの、100%マッチボーナス/フリースピン、”30回転
2nd100ユーロまでの、50%マッチボーナス/フリースピン、”50回転
3nd100ユーロまでの、50%マッチボーナス/フリースピン、”70回転



 ラッキーニッキ―カジノは、当サイトでおすすめしています、
 ウィリ○○ヒル社の、日本担当マネージャーが、移籍した後にオープンした、
 信頼のおけるオンラインカジノで、クレジットカード入金も可能です。


 また、ウェルカムボーナス以降も、日々のボーナスが充実していますので、
 ご登録後、是非、『プロモーション』 → 『日替わりプロモ』 にて、ご確認ください♪
 (特に、”フリースピン” が、充実しています!)








【ラッキーニッキ―カジノ】メールサポートは、”16:00〜23:00(jst)”、日本語対応です!(電話サポートもアリ)





【luckyniki Casino】 詳細情報!





海外競馬コラム! 〜ブックメーカーみんな.com〜記事一覧

海外競馬コラム! 〜海外レースに挑戦できる地域〜

海外レースに挑戦できる地域! 日本の外に目を向けてみると、海外挑戦できる、 競馬を行っているのは、大きく分けて、 ・アメリカ ・カナダ ・ヨーロッパ ・オーストラリア ・ドバイ ・香港 ・シンガポール の、4大陸である。 4つの大陸でG1優勝を飾っている日本馬だが、 最近、日本馬が安定的に成績を上げ...

≫続きを読む

海外競馬コラム! 〜今年も楽しみなドバイワールドカップ〜

今年も楽しみな、ドバイワールドカップ! 名ダート馬、ホッコータルマエの3年連続挑戦が、話題となっている、 ドバイワールドカップ。 1000万ドルと、世界最高の賞金が用意され、世界各地の、 一流馬が出走するレースだが、レースが行われる3月最後の土曜日は、 「ドバイミーティング」 と称され、ドバイワール...

≫続きを読む

海外競馬コラム! 〜凱旋門賞で日本馬が勝利する日は来るか?〜

凱旋門賞で日本馬が勝利する日は来るか? 100年近い歴史を持ち、競馬に携わる世界中の、 誰もがタイトルを手にしてみたい歴史あるレース、それが「凱旋門賞」だ。 フランスのロンシャン競馬場で、毎年10月の第1日曜日に開催される、 芝2400mのレースで、日本からも幾多の名馬が挑戦してきた。 最初に挑戦し...

≫続きを読む

海外競馬コラム! 〜日米オークスを制した名馬、シーザリオ〜

日米オークスを制した名馬、シーザリオ! 毎年5月に行われる、3歳牝馬の頂上決戦、『オークス(優駿牝馬)』。 アメリカでも同様に、3歳牝馬の頂上決戦として、 『アメリカンオークス』 が、行われている。 かつては国際招待競走であり、 各国の有力3歳牝馬が、終結していたレースだった。 その最も激戦であった...

≫続きを読む

海外競馬コラム! 〜日本競馬を立ち直らせた、香港でのレース〜

日本競馬を立ち直らせた、香港でのレース 日本馬の海外挑戦は紆余曲折あり、なかなか、 競馬界全体を挙げての取り組みには、長い間なっていなかった。 それを改善していくきっかけになったのが、 1988年以降に香港で創設された、国際レースの数々である。 毎年、日本からも複数が参加し、経験値を高めていくことで...

≫続きを読む

海外競馬コラム! 〜日本中にフィーバーを巻き起こした最強馬、ディープインパクト〜

日本中にフィーバーを巻き起こした最強馬、ディープインパクト 競馬界には時々、社会現象を巻き起こす名馬が登場する。 「さらばハイセイコー」という歌までヒットした、 1970年代前半に活躍した、『ハイセイコー』 1980年代後半に、絶大な支持を得た、『オグリキャップ』 そして、2000年代中盤に、無類の...

≫続きを読む