ラグビーについてもっと知ろう! 〜今さら聞けない、ラグビーのルール.2〜

ブックメーカー新着キャンペーン情報!





当サイト限定、平昌オリンピック、【10Bet Japan】 登録ボーナス!!




平昌オリンピック、ブックメーカー、【10Bet Japan】 の登録ボーナス

※ 画像出典:https://www.olympic.org/alpine-skiing



平昌オリンピック期間中、【10Bet Japan】 に登録するだけで、”$10” を、ゲット♪
※ 新規ご登録の際、『紹介コード:MINNA10』 を、ご入力ください。




 平昌オリンピック・登録ボーナスは、



 ・平昌オリンピック開催中の、期間限定
 ・当サイトより、【10Bet Japan】 へ新規ご登録の方、限定



 と、限定づくしのボーナスとなっており、
 姉妹サイトを含め、他では一切ご獲得いただけません!!


 是非、平昌オリンピックは、【10Bet Japan】 で、登録ボーナスをゲットして、
 「賭けながらの、観戦&応援」 してください♪(同ボーナスの詳細は、”こちらのページ” にて)



 ・クレジットカード入金
 ・24時間365日、日本語での電話サポート
 ・日本人専用ブックメーカーのため、日本向けオッズが盛り沢山



 とにかく使い勝手のいい、【10Bet Japan】! まずは、ご登録ください☆








【10Bet Japan】登録ボーナスのご獲得には、”紹介コード:MINNA10”を、ご入力ください!






【10Bet Japan】 登録ボーナス、詳細情報!





今さら聞けない、ラグビーのルール、その2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 野球は9人、サッカーは11人、ラグビーは15人でやるスポーツだが、
 各ポジションの名称を、正確に答えられるかと言えば、そうでもない。

 

 

 

 長年見ている人でも、そんなもんだから、そこまで覚える必要も、
 ないのだが、フォワードとバックスぐらいの区別はつけておくと、
 より一層試合を楽しむことができる。

 

 

 

 大雑把に言えば、スクラムを組むのが、フォワードで、
 それを操る、ゲームメーカーおよび、ボールを持って走るのが、
 バックスと考えれば簡単だ。

 

 

 

 基本フォワードは8人、バックスは7人で構成される。

 

 

 

 前の選手なら、”パワー”が、必要で、
 後ろの選手は、”走力と俊敏性” が、求められる。

 

 

 

 ラグビー、はボールを持って相手のゴール内に入ることで、
 得点できるスポーツだが、その方法は、大きく言えば3つある。

 

 

 

 基本は、パスをつなぎながら、ラン(走る)で、前進するのがラグビー。

 

 

 

 自分より前方にパスを出すことが、禁じられているのが、最大の特徴で、
 後方の選手にパスを繋いで、受けた選手が走り、少しずつ前進していく。

 

 

 

 手で前方に投げることはできないが、キックでは可能で、
 どれだけ遠くに、そして、相手の嫌がるポイントに、
 ボールを落とせるかも1つのテクニックだ。

 

 

 

 この3つの方法を、状況に応じて選択しながら、
 プレーしているわけだが、それらの戦術が分かるようになると、
 さらに、試合を楽しむことができる。

 

 

 

 その他、

 

 

 

 ・ノックオン:ボールを前に落とす
 ・スローフォワード:前方にボールを投げる

 

 

 

 など、プレーが止まる反則があるが、実況でも、
 細かく解説してくれるので、あまり気にせず、試合を楽しもう。

 

 

 

 ラグビーの魅力は、「投げる・走る・蹴る」 の、3拍子が揃っている所にあるが、
 この3つが、すべてのポジションに求められるスポーツは、なかなかない。

 

 

 

 スクラムやタックルなどハードなぶつかり合い、試合後の、
 ”ノーサイド精神” など、色んなものを堪能してみよう。

 

 

 

 

 

 

 

ブックメーカーで、スーパーラグビーに賭けよう!

 

 

 

ノーサイドの精神とは?

 

 試合が終了すれば、敵・味方の区別(ノーサイド)なく、
 全力で戦った仲間として、フェアープレーを称え、健闘を祝い合う精神