まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



アカデミー賞名場面!〜オスカー4度受賞の名女優が、出席した日〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アカデミー賞で、オスカー像を一度だけでも手にしたいと、
 多くの俳優が思っているが、その道のりは険しく、とても高い。

 

 

 

 しかし、そのオスカー像を、4度受賞した名女優がいる。

 

 

 

 ・『勝利の朝』
 ・『招かるざる客』
 ・『冬のライオン』
 ・『黄昏』

 

 

 

 いずれも、主演女優賞で受賞した、キャサリン・ヘプバーンだ。

 

 

 

 しかし、彼女は自分の授賞式に現れたことは、一度もなかった。
 仕事以外で公の舞台に出ることを、好まなかったからだ。

 

 

 

 そんな彼女が、アカデミー賞の授賞式に出席したことが、ただ一度だけある。
 それが、1973年度・第46回アカデミー賞のこと。

 

 

 

 プロデューサーで親友の、ローレンス・ワインガーデンへの、
 プレゼンターとしての登場だった。

 

 

 

 初めて授賞式に姿を見せた彼女に、会場は、
 スタンディング・オベイションで敬意を表した。

 

 

 

 スカートを履かず、パンツスタイルを好んだキャサリン(通称ケイト)は、
 この日も黒のパンツ・スーツ。

 

 

 

 鳴りやまぬ拍手の中で、こう切り出した。

 

 

 

 「よかったわ、今頃のこのこやってきて! と言われなくて。」

 

 

 

 爆笑の渦に包まれる場内。

 

 

 

 彼女は、親友のワインガーデンに賞を渡すと、とっとと、
 待たせてあったリムジンに乗り込み、会場を後にした。

 

 

 

 彼女が居たのは、たった15分。

 

 

 

 黄金時代の映画スターであるにもかかわらず、
 プライバシーを重視し、着飾ることをせず、
 自立した女性の、”パイオニア的存在” だった、彼女らしい行動だった。

 

 

 

 その姿勢は、現代女性のライフスタイルの原点として、
 今でも、多くの尊敬を集めている。

 

 

 

 プライバシーを切り売りし、アイドル時代の過去を、
 悪びれることなく話すしか能のない、日本のタレント達に、
 学べと言っても、無理な注文というものだろうか。

 

 

 

 

 

 

『アカデミー賞、ブックメーカーのオッズ』へ!