まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



アカデミー賞名場面!〜多くの俳優に勇気を与えた、感動の名スピーチ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アカデミー賞では、多くの受賞者が、感動のスピーチを行ってきたが、
 なかでも評価の高いのが、ダスティン・ホフマンの名スピーチである。

 

 

 

 名作、『卒業』 で、デビュー以来高い評価を受け、
 アカデミー賞にノミネートされながらも、アカデミーを批判し続け、
 授賞式をボイコットしてきた彼が、1979年の、『クレイマー・クレイマー』 で、
 主演男優賞を、初めて受賞した。

 

 

 

 壇上に立った彼は、率直に、監督や共演者たちへの感謝を語った。

 

 

 

 それだけでなく、何度か一緒に仕事をしている、
 スタッフ達の一人一人の名前を挙げて、話し始めた。

 

 

 

 ダスティンは、映画が、一部の監督や俳優だけで、
 作られているのではなく、壇上に立つことのできない、
 多くの人によって支えられていることを、伝えたかったのだ。

 

 

 

 さらに彼は、主演男優賞を争った、ジャック・レモンや、
 アル・パチーノに勝ったのだと思いたくはない、
 私たちは皆、1つの芸術的な家族の一員だと語った。

 

 

 

 そして、映画俳優組合には6万人、俳優協会には10万人もの、
 俳優が所属しており、これらのほとんどの俳優には仕事がなく、
 タクシーの運転手をしながら、アクセントの勉強をするしかない、現状を訴えた。

 

 

 

 そして、後世に残る名言が誕生する。

 

 

 

 「卓越した才能を求めて努力を続けている、芸術的な家族の一員である、俳優達。
  あなたたちの中に、敗北者など、一人もいません。
  この賞をあなたたちと分かち合えることを、誇りに思います。ありがとう。」

 

 

 

 会場は、万雷の拍手で、この名スピーチに応えた。

 

 

 

 ダスティンは、売れなくても、決して諦めないことの大切さを、
 全世界に訴えたのだった。

 

 

 

 

 

 

『アカデミー賞、ブックメーカーのオッズ』へ!