まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



アカデミー賞名場面!〜両親への感謝を込めた、手話のメッセージ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1975年のアカデミー賞を席巻した作品が、
 ジャック・ニコルソン主演の、『カッコーの巣の上で』 である。

 

 

 

 『或る夜の出来事』 以来、実に41年振りに、

 

 

 

 ・作品賞
 ・監督賞
 ・主演男優賞
 ・主演女優賞
 ・脚色賞

 

 

 

 と、主要5部門を独占した。

 

 

 

 精神異常を装った男が、患者の人間性まで統制しようとする、病院側から、
 自由を勝ち取ろうと立ち向かう、この物語を、迫真の演技で名作に高めた、
 ジャック・ニコルソンの主演男優賞は、当然のこととして、
 冷徹な看護婦長を演じた、ルイーズ・フレッチャーは、それほど知られた存在ではなかった。

 

 

 

 順調ではなく、結婚と子育てによる、長いブランクを乗り越えての、彼女の、
 主演女優賞・受賞スピーチは、多くの人々に感動を巻き起こした。

 

 

 

 「受賞できたのは、皆さんが私のことを、憎んでくれたからです。」

 

 

 

 と、自分の役になぞらえコメントし、会場を爆笑させたルイーズは、
 次に、共演者などに感謝を述べた後、自宅でテレビを見ている、
 聾者である両親に向けて、手話で語りかけた。(聾者/ろうしゃ:耳が聞こえない人)

 

 

 

 

 「お父さん、お母さん見ていますか?
  あなた達は、私に夢を持つことの大切さを、教えてくれました。
  そして、今その夢がかないました。どうもありがとう。」

 

 

 

 

 会場は感動に包まれ、いつまでも温かい拍手が鳴り響いた。

 

 

 

 

 その後の彼女の女優人生は、ヒット作に恵まれたとは言い難いが、
 映画だけではなく、大ヒットドラマ、『ER緊急救命室』 などへの出演も、果たしている。

 

 

 

 

 何よりも、『カッコーの巣の上で』 の名演技と、
 アカデミー賞での名スピーチが、永遠に人々の心に残ることだろう。

 

 

 

 

 

 

『アカデミー賞、ブックメーカーのオッズ』へ!