まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



ボクシングコラム!〜日本人チャンピオンの歴史、ガッツ石松〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マラソンの有森裕子の、「自分をほめてやりたい」 など、
 スポーツの世界から派生した流行語は、枚挙にいとまがないが、
 この言葉ほど、一般的に浸透し、なおかつ、今日まで普通に使用されている言葉はない。

 

 

 

 それが、この試合で誕生した、「ガッツポーズ」 だ。

 

 

 

 KOで勝利が決定した直後、石松が飛び跳ね、
 拳を突き上げた様子から、生まれた言葉だ。

 

 

 

 不屈の闘志で、世界チャンピオンを掴み取ったガッツ石松が、
 無意識に繰り出したポーズが、普遍的な言葉を生み出し、
 今も、使い続けられているのだ。

 

 

 

 やっとの思いで掴んだ、3度目の世界王座挑戦の機会だったが、
 相手は、62勝のキャリアを誇る、ベテラン・王者ゴンザレス。

 

 

 

 しかもその内、50勝はKOという、ハードパンチャー。
 対する石松の戦績は、26勝11敗5分。

 

 

 

 あまりにも見劣りする戦績に、
 石松の勝利を予想する者は、皆無に等しかった。

 

 

 

 いつものように、股旅スタイルでリングに登場し、
 三度笠を投げた石松は、スタートから快調に飛ばす。

 

 

 

 いくら、チャンピオンがスロースターターとはいえ、様子がおかしい。
 めったに観ることのできない、大番狂わせの予感が、会場に立ち込める。

 

 

 

 迎えた第8ラウンド、石松の強打が炸裂する。

 

 

 

 倒れたゴンザレスを、レフェリーは不当にも、
 ゆっくりカウントを数え、救おうとする。

 

 

 

 しかし、石松の強打は王者の体力を奪っていた。

 

 

 

 こうして、日本人初の、世界ライト級王座が誕生した。

 

 

 

 このKO勝ちを決定づけた、右のパンチは、
 ”幻の右” として、語り継がれている。

 

 

 

 現在も、タレントとして広く活躍している、ガッツ石松。

 

 

 

 ガッツポーズを生んだ、天性のキャラクターが、
 その理由と言えるだろう。