まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



ボクシングコラム!〜日本人チャンピオンの歴史、輪島功一〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 国立競技場が解体され、2020年の東京五輪に向けて、
 新国立競技場の建設が開始されているが、予算の問題など、
 前途多難な様相を見せ始めている。

 

 

 

 スポーツ観戦に、競技場の良い雰囲気は欠かせないものだが、
 昭和の時代には、味のある独特の雰囲気を持った会場が、いくつもあった。

 

 

 

 多くの日本人が、世界王座を奪取した会場の1つが、
 今では解体された、”日大講堂” で、なかでも、
 J・ミドル級タイトルマッチで、輪島功一が、
 2度目の王座返り咲きを果たした、柳済斗戦は伝説化し、
 今でも、多くのボクシングファンの心に、焼き付いている。

 

 

 

 1度失った王座を取り返し、初防衛戦で、輪島は柳に敗れていた。

 

 

 

 限界がささやかれる中、輪島は、リターンマッチを希望する。
 大方の予想は、輪島絶対不利だった。

 

 

 

 しかし、「炎の男」 と呼ばれる輪島は、静かに闘志を燃やしていた。

 

 

 

 ”カエル飛び” など、変則的な戦法が、注目されがちだが、
 日本人に不向きな重量級で、輪島が闘い続けられたのは、
 そのクレバーさの、賜物だった。

 

 

 

 輪島は、試合前の軽量などで、体調が悪いように装い、
 柳サイドの油断を誘った。

 

 

 

 いざ試合が始まると、輪島は元気そのもので、
 次々にパンチをヒットさせ、14ラウンドが終わった時点で、
 判定勝ちは、動かぬところだった。

 

 

 

 無理に攻めるなと、セコンドは指示したが、
 輪島には、「KO負けはKOで返す」 という信念があった。

 

 

 

 最終ラウンドでも猛攻を仕掛け、
 輪島の右ストレートで、柳はたまらず膝をつく。

 

 

 

 そのままカウント10を迎え、輪島の奇跡の2度目の王座奪回に、
 観客は、熱狂的な拍手を送った。

 

 

 

 引退後は、バラエティ番組などで、おとぼけ発言をしている輪島だが、
 そのクレバーさは、半端なものではない。