まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】2周年で、ボーナス大奮発♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】2周年で、ボーナス大幅UP♪

【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


ボクシングコラム!〜日本人チャンピオンの歴史、浜田剛史〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これまで、日本に多くのハードパンチャーが誕生してきたが、
 なかでも、そのハードパンチで名を馳せていたのが、浜田剛史だった。

 

 

 

 あまりにもパンチが強すぎるため、
 左拳を4回も骨折し、2年間試合ができなかった時でも、
 浜田は決して練習を休まず、黙々と練習に励んできた。

 

 

 

 時代が、バブルに突入しようとしている頃、
 ファジーという言葉が流行る中、一途に、
 世界チャンピオンを目指す、その求道者の様な姿は、
 軽薄な時代に、一石を投じるものであった。

 

 

 

 日本、東洋太平洋の、ライト級王座を獲得し、
 満を持して臨んだ、世界J・ウェルター級タイトルマッチ。

 

 

 

 相手のアルレドンドも、ハードヒッターだった。

 

 

 

 一か八かの速攻に、賭けることを決めていた浜田は、
 1ラウンド開始と共に、アルレドンドに襲いかかる。

 

 

 

 頭をつけて押しまくり、アルレドンドを、
 ロープ際に追い詰めていく。

 

 

 

 残り10秒ほどで、第1ラウンドが終わろうとした、その時だった。
 浜田の右フックが、アルレドンドの顎を撃ち抜く。

 

 

 

 かろうじて持ち直したチャンピオンに、
 浜田は容赦なく、左右のフックを浴びせ続ける。

 

 

 

 キャンパスに、深々と沈むチャンピオン。

 

 

 

 レフィリーがカウントを数え、観客が熱狂する中、
 浜田は悠然と、ニュートラルコーナーで立っていた。

 

 

 

 カウント10が数えられた瞬間、両国国技館に無数の座布団が舞い、
 両コーナーのセコンドと関係者が、一気になだれ込んだ。

 

 

 

 衝撃の、1ラウンド・KO勝ち。

 

 

 

 約4カ月ぶりに誕生した、日本人チャンピオンの姿に沸きかえる中、
 表情を変えずにたたずむ、浜田の姿が印象的だった。

 

 

 

 現在は、解説者などで活躍する浜田剛史。
 その衝撃の1ラウンドKO劇は、時が経ても、決して色あせることはない。