まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



ボクシングコラム!〜日本人チャンピオンの歴史、具志堅用高〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本ボクシング界で、未だに破られていない不滅の大記録が、
 具志堅用高が打ち立てた、世界戦連続防衛・13回である。

 

 

 

 現在では、バラエティ番組などで大活躍で、
 当時を知らない人間から見れば、”ちょっと変わったおっさん” と、
 見られがちな具志堅氏だが、チャンピオン当時を知る者にすれば、
 鋭い眼光と、特徴のある髪形で、「カンムリワシ」 と、呼ばれていた姿が懐かしい。

 

 

 

 プロデビューから、僅か9戦目で、
 世界チャンピオンベルトを巻くことになったのが、この試合である。

 

 

 

 当時、具志堅は、新設されたばかりの、
 J・フライ級世界ランキング・10位。

 

 

 

 対する王者グスマンは、「リトル・フォアマン」 との、
 異名をとるほどの強打者で、有名だった。

 

 

 

 従って、試合前はグスマン有利との声が、圧倒的で、
 具志堅の勝利を予想する声は、ほとんどなかった。

 

 

 

 しかし、いざ試合が始まってみると、
 具志堅のシャープなパンチが、グスマンを襲う。

 

 

 

 2ラウンド終了間際、カウンターが決まり、
 グスマンがキャンパスに膝をつき、観客が沸きかえる。

 

 

 

 優位に立ったものの、気の抜けない展開が続き、
 危うい場面もあったが、強気に攻めた具志堅は、
 7ラウンドに強打を浴びせ、再びグスマンに膝をつかせる。

 

 

 

 さらに襲いかかろうとする具志堅を、レフェリーが制し、試合終了。
 予想外のKO勝利だった。

 

 

 

 時々、世界タイトルマッチが予定より早く終わった際、
 具志堅氏のかつての雄姿を、目にすることができる。

 

 

 

 どの試合を見ても、当時の最軽量級とは思えない、
 スリリングでド迫力に満ちた闘いが、堪能できる。

 

 

 

 なかでも、ダウンした相手に、なおも襲いかかり、
 パンチを浴びせようとする姿は、現在なら、
 反則を取られかねない、すれすれの行為だ。

 

 

 

 沖縄出身、初の世界チャンピオンとなった、
 具志堅氏の快進撃は、ここから始まったのだった。