まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



凱旋門賞で日本馬が勝利する日は来るか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 100年近い歴史を持ち、競馬に携わる世界中の、
 誰もがタイトルを手にしてみたい歴史あるレース、それが「凱旋門賞」だ。

 

 

 

 フランスのロンシャン競馬場で、毎年10月の第1日曜日に開催される、
 芝2400mのレースで、日本からも幾多の名馬が挑戦してきた。

 

 

 

 最初に挑戦したのは1969年、スピードシンボリが、
 野平騎手とともに、凱旋門賞に挑戦した。

 

 

 

 結果は、24頭中10着にも入れずで、海外のレベルの高さと、
 遠征の難しさを、見せつけられる結果だった。

 

 

 

 最初に優勝が手に届く成績を残したのは、
 1999年の、エルコンドルパサー。

 

 

 

 前年に、NHKマイルとジャパンカップという、
 G1レースを2つ制したこの名馬は、春からヨーロッパを転戦し、
 フランスのG1である、サンクルー大賞を制するなど、
 堂々たる成績を上げていたのだ。

 

 

 

 そして、2番人気に押された、凱旋門賞。

 

 

 

 エルコンドルパサーは2着に終わるが、
 満員の観衆は、惜しみない拍手を送った。

 

 

 

 もし馬場が道悪でなければ、エルコンドルパサーは、
 日本馬初の、凱旋門賞を制した馬になっていたかもしれない。
 それほど惜しいレースだった。

 

 

 

 その後も、凱旋門賞への日本馬の挑戦は続き、
 2010年には、ナカヤマフェスタ、そして2012・2013年には、
 オルフェーブルが、2年連続2着を達成しているが、
 今なお、優勝馬は出ていない。

 

 

 

 開催国のフランス馬が、”65勝” と、圧倒的な強さだ。

 

 

 

 最初の挑戦から、半世紀近くの時が流れたわけだが、
 いつの日か、日本馬と日本人騎手が凱旋門賞を制し、
 表彰台に上る日が、来てもらいたいものだ。

 

 

 

 

 

 

ブックメーカーで凱旋門賞オッズに賭ける!