まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



日米オークスを制した名馬、シーザリオ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年5月に行われる、3歳牝馬の頂上決戦、『オークス(優駿牝馬)』。

 

 

 

 アメリカでも同様に、3歳牝馬の頂上決戦として、
 『アメリカンオークス』 が、行われている。

 

 

 

 かつては国際招待競走であり、
 各国の有力3歳牝馬が、終結していたレースだった。

 

 

 

 その最も激戦であった時代に、日米オークスを制した名馬がいる。
 それが、2005年の、『シーザリオ』 だ。

 

 

 

 春秋の天皇賞など、G1レース4勝の名馬、
 スペシャルウィークを父に持つこの馬は、
 生涯レースが、僅か6戦にも関わらず、強烈なインパクトをファンに与え、
 主戦騎手だった福永祐一騎手は、「乗った中での最強牝馬」 と、評している。

 

 

 

 第65回桜花賞が、2着に終わったシーザリオは、
 福永騎手が手綱を再び取った、5月のオークスを、
 単勝1.5倍と、圧倒的人気を受けて迎えた。

 

 

 

 しかし、レースが始まってみると、周囲のマークにあい、
 最終コーナーを曲がった時点での位置は、12番手。

 

 

 

 ここから追い上げるには厳しいと思われたが、
 驚異の追い上げで、ゴール前で差し切り、オークスを制覇した。

 

 

 

 それまで、アメリカのG1レースを制した、日本調教馬はいなかったが、
 陣営は、果敢にアメリカンオークスを選択。

 

 

 

 季節は7月、カリフォルニアの青い空の下、
 単勝2番人気に押されたシーザリオは、福永騎手に導かれ、
 華麗な走りで、見る者を魅了した。

 

 

 

 何と、レースレコードタイムとなる、
 ”1分59秒03” で、2着に4馬身差を付け、圧勝したのだ。

 

 

 

 初のアメリカG1制覇馬となり、益々活躍が期待された、
 シーザリオだったが、思わぬ落とし穴があった。

 

 

 

 競走馬にとって致命的な病気である、「繋靭帯炎」 を発症し、
 引退を余儀なくされてしまったのだ。

 

 

 

 繁殖牝馬となったシーザリオは、2014年のジャパンカップを制した、
 『エピファネイア』 などを、生み出している。

 

 

 

 また、『リオンディーズ』 は、今年の皐月賞の、
 有力馬と目されており、母に負けない活躍を期待したい。

 

 

 

 

 

 

ブックメーカーで競馬に賭ける! 〜海外競馬のオッズ〜