まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



ウィンブルドン名勝負|1980年男子決勝 「ボルグ vs マッケンロー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年も6月下旬から全英オープンテニス、通称、”ウィンブルドン” が、開催される。

 

 

 

 幾多の名勝負が繰り広げられてきたが、なかでも、
 古き良き時代の伝説として、語り継がれている試合が、1980年の決勝、
 「ビヨン・ボルグ vs ジョン・マッケンロー」 の、試合である。

 

 

 

 ウィンブルドン4連覇中で、5連覇を狙うボルグと、初の決勝のマッケンロー。

 

 

 

 常に冷静沈着で、アイスマンと称された、ボルグと、
 感情むき出しで、時には審判に悪態をつく、問題児マッケンロー。

 

 

 

 性格からプレースタイルなど、何もかも対照的な二人が繰り広げた熱戦は、
 今も多くのテニスファンの心に、かけがえのない思い出として残っている。

 

 

 

 試合は、大方の予想に反し、まず、マッケンローが第1セットを取るが、
 ボルグは動じることなく、第2、3セットを連取する。

 

 

 

 そして、第4セット、ゲームカウント、「5-4」 とリードし、
 チャンピオンシップポイントを、2度迎える。

 

 

 

 しかし、マッケンローは、これを凌ぎ切り、タイブレークに持ち込む。

 

 

 

 ここから、「伝説のタイブレーク」 と言われる、
 ウィンブルドン史上、最も印象に残る場面が始まった。

 

 

 

 タイブレークになっても、ボルグ優勢は変わらない。

 

 

 

 マッケンローは、実に、5度のチャンピオンシップポイントを凌いで、
 「18-16」 で20分超に及んだ、このタイブレークを制してしまう。

 

 

 

 普通、これだけのゲームをしてセットを落としたら、
 精神的にも崩れてしまうものだが、鉄人ボルグは強かった。

 

 

 

 第5セットに入っても、動じることなく、
 「8-6」 でこのセットを制し、ウィンブルドン5連覇を果たす。 

 

 

 

 当時は、木のラケットだったので、現在とは比べること自体、
 おかしなぐらい、プレースタイルがスローに見えてしまう。

 

 

 

 しかし、一挙手一投足に込められた技術の高さは、
 今日見ても、なお意義あるものだ。

 

 

 

 この敗北から一年後、両者は再び、ウィンブルドン決勝で対戦する。

 

 

 

 リベンジに燃えるマッケンローは、セットカウント、「3-2」 で勝利し、
 ボルグの6連覇を阻むと共に、一年前の借りを返したのだった。

 

 

 

 

 

 

ウィンブルドン(全英オープンテニス)2019、ブックメーカーのオッズ!