まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



ウィンブルドン名勝負!|2009年男子決勝、「フェデラー vs ロディック」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2003年から2007年まで、ビヨン・ボルグ以来の、
 ウィンブルドン5連覇を達成したロジャー・フェデラー。

 

 

 

 6連覇を目指した2008年は、決勝で惜しくもナダルに敗れるが、
 復活を期して、2009年は決勝にコマを進めた。

 

 

 

 ”芝の王者” の名を欲しいままにする、絶対王者の面目躍如である。

 

 

 

 対するアンディ・ロディックは、久々に、
 アメリカが生んだ世界的プレーヤー。

 

 

 

 元世界ランキング第1位だが、
 フェデラーには、何度も大舞台で煮え湯を飲まされている。

 

 

 

 それまでの対戦成績は、フェデラーの18勝2敗。

 

 

 

 世界ランキング1位経験者同士の対戦成績としては、
 かなり異質である。ウィンブルドン決勝でも2度敗れている。

 

 

 

 当然、フェデラーが簡単に優勝するものと、
 思われていたが、思わぬ展開となる。

 

 

 

 フェデラーに勝って優勝したいと闘志を燃やす、
 ロディックは、善戦し勝負は最終セットに持ち込まれる。

 

 

 

 ここから、歴史に残るマラソンマッチが始まっていく。

 

 

 

 両者のサービスゲームキープが続き、
 15-14と、フェデラーがリードで、ロディックのサービスゲームとなる。

 

 

 

 とうとう、フェデラーがロディックのサービスゲームをブレイクし、
 16-14で、フェデラーが復活の優勝を飾る。

 

 

 

 すべてを懸けて決勝に臨んだロディックの、
 茫然とした表情が印象に残る。

 

 

 

 よく、スポーツ映画や小説なら、ロディックの勝利に、
 終わるところだが、勝負の現実は非情なものだ。

 

 

 

 表彰セレモニーも、どこか重苦しい雰囲気が漂っていた。
 3度目の正直はならなかったのだ。

 

 

 

 どこかのアイドルグループではないが、努力は必ずしも報われないのである。

 

 

 

 

 

 

ウィンブルドン(全英オープンテニス)2019、ブックメーカーのオッズ!