まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】2周年で、ボーナス大奮発♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】2周年で、ボーナス大幅UP♪

【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


日本各地の道の駅/「道の駅発祥の1つである、山口県阿武郡阿武町」

 

 

 

 

 

 

※ 画像出典:http://www.hokkaido-michinoeki.jp/

 

 

 

 

 

 そもそも、道の駅ができるきっかけとなったのは、
 1990年に行われた、”中国・地方づくり交流会” において、

 

 

 

 山口県の牧場経営者が、
 「鉄道に駅があるように、道路に駅があってもよいのでは!?」
 という発言である。

 

 

 

 1993年2月に登録制度が始まり、103駅が第1号となったわけだが、
 山口県阿武郡阿武町にある、道の駅、『阿武町』 には、
 当時の新聞などの記事が展示されている、”発祥交流館” という建物がある。

 

 

 

 地方ごとに、発祥の地や第1号を名乗っているので、
 どこが一番ということは言えないが、展示を今でもしているのは、極めて珍しい。

 

 

 

 その後、道の駅は大きく発展して、今では、
 全国に1079もの道の駅が存在しているが、こうした、
 当時の歴史を振り返る場所を訪れるのも、一つの楽しみである。

 

 

 

 山口県で人気の道の駅は、下関市にある、道の駅、『蛍街道西ノ市』 だろう。

 

 

 

 その名の通り、蛍で有名な、下関市豊田町にあり、
 田園風景を基調とした、昔ながらの屋敷風の建物が、特徴だ。

 

 

 

 施設内の温泉施設、”蛍の湯” は、露天風呂とサウナも備えた天然温泉で、
 和風の作りが、温泉情緒を満喫させてくれる。

 

 

 

 ユニークな蛍の形をした、”ホタルの里ミュージアム” が隣接されていて、
 少し足を延ばせば、人類学ミュージアムや歴史民俗博物館も、堪能できる。

 

 

 

 同じ下関市の菊川町にある、道の駅、『きくがわ』 では、
 特産品の、”菊川そうめん” が、すだれのように下がっているのが、目を引いたり、
 地域の特色を生かした施設が多いのも、山口県の特徴だ。

 

 

 

 萩市にある、道の駅、『萩往還』 では、
 大河ドラマにもなった、吉田松陰の、”松陰記念館” が、併設されている。

 

 

 

 視聴率的には、かんばしくなかったが、年末年始に、
 幕末の志士たちの生き方を、振り返ってみるのも、一興ではないだろうか。