まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】2周年で、ボーナス大奮発♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】2周年で、ボーナス大幅UP♪

【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


メジャーへの人材流出をどう見るか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広島の前田健太投手が海を渡り、メジャーリーグへの挑戦が決まってから、しばらく経つ。

 

 

 

 所属するのは、かつて野茂や黒田が在籍した、ロサンゼルス・ドジャース。
 肘の手術を見越しての、8年契約というから、期待の高さが窺い知れる。

 

 

 

 同時に、年棒は活躍に応じての、オプションの部分が、
 多いというのも、メジャーならではと言える。

 

 

 

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ投手も、5月には手術から復帰予定で、
 シアトル・マリナーズと再契約した、岩隈投手との投げ合いが、見られるかもしれない。

 

 

 

 一方、野手ではレギュラーと言えるのは、岩隈のマリナーズと契約した、
 青木外野手だけで、3,000本安打が期待される、イチロー、
 カブスとマイナー契約を結んだ、川崎選手にとっては、今年も厳しいシーズンが予想される。

 

 

 

 将来海を渡ると思われる筆頭は、日ハムの大谷投手だが、こう次々と、
 メジャーに移籍していては、国内のプロ野球が空洞化するという意見は、依然として根強い。

 

 

 

 しかし、プロスポーツに携わる選手なら、レベルの高い場所で、
 己の力を試してみたいと思うのは、自然なことだ。

 

 

 

 また、年棒を渋られてまで、国内に留まらなければならない理由は、何もない。

 

 

 

 選手寿命が延びたとはいえ、第二の人生の方が長く、
 一部の選手を除き、不安定な職業であることは間違いない。

 

 

 

 それに、お金のことを抜きにして、純粋に野球を楽しむために、
 海外を選ぶ選手に対して、評論家にとやかく言う権利はなく、
 そうした行為と偏狭な考えが、ますます人材流出に繋がるのである。

 

 

 

 国内のプロ野球人気を高めたければ、選手・チームの魅力、
 地域に根付いた活動を、もっと本格的に取り組むことだ。

 

 

 

 選手の税金対策で、シート招待など、やっている場合ではないのである。

 

 

 

 

 

 

ブックメーカーで、プロ野球オッズに賭けよう!

 

 

 

 

 

メジャーへの人材流出をどう見るか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広島の前田健太投手が海を渡り、メジャーリーグへの挑戦が決まってしばらく経つ。

 

 

 

 所属するのは、かつて野茂や黒田が在籍した、ロサンゼルス・ドジャース。
 肘の手術を見越しての8年契約というから、期待の高さが窺い知れる。

 

 

 

 同時に、年棒は活躍に応じての、オプションの部分が、
 多いというのも、メジャーならではと言える。

 

 

 

 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ投手も、5月には手術から復帰予定で、
 シアトル・マリナーズと再契約した、岩隈投手との投げ合いが見られるかもしれない。

 

 

 

 一方、野手ではレギュラーと言えるのは、岩隈のマリナーズと契約した、
 青木外野手だけで、3000本安打が期待される、イチロー、
 カブスとマイナー契約を結んだ、川崎選手にとっては、今年も、厳しいシーズンが予想される。

 

 

 

 将来海を渡ると思われる筆頭は、日ハムの大谷投手だが、こう次々と、
 メジャーに移籍していては、国内のプロ野球が空洞化するという意見は、依然として根強い。

 

 

 

 しかし、プロスポーツに携わる選手なら、レベルの高い場所で、
 己の力を試してみたいと思うのは、自然なことだ。また、

 

 

 

 年棒を渋られてまで、国内に留まらなければならない理由は、何もない。

 

 

 

 選手寿命が延びたとはいえ、第二の人生の方が長く、
 一部の選手を除き、不安定な職業であることは間違いない。

 

 

 

 それにお、金のことを抜きにして、純粋に野球を楽しむために、
 海外を選ぶ選手に対して、評論家にとやかく言う権利はなく、
 そうした行為と偏狭な考えが、ますます人材流出に繋がるのである。

 

 

 

 国内のプロ野球人気を高めたければ、選手・チームの魅力、
 地域に根付いた活動を、もっと本格的に取り組むことだ。

 

 

 

 選手の税金対策で、シート招待など、やっている場合ではないのである。

 

 

 

 

 

 

ブックメーカーで、プロ野球オッズに賭けよう!