まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



ヤクルトは、昨年の強さを維持できるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本塁打王・盗塁王を獲得した、山田哲人を筆頭にした圧倒的攻撃力と、
 外国人投手3人をリリーフ起用した、鉄壁の救援陣で、
 14年振りの、リーグ優勝を果たした、昨年のヤクルト。

 

 

 

 今年は、昨年不本意なシーズンに終わった、バレンティンが復帰することで、
 更なる打撃陣の強化が予想されるが、一方で、打線の繋がりを、
 欠いてしまうことも、危惧される部分だ。

 

 

 

 果たして、ヤクルトは昨年と同様に、快進撃することはできるのだろうか。

 

 

 

 オフに、新人や外国人以外で獲得した選手は、前オリックスの坂口、
 前日本ハムの鵜久森と、2選手に留まった。

 

 

 

 2人とも前球団を自由契約になった選手で、補強とは言い難いが、意外と入団して、
 再生する選手も多いヤクルトなので、野手の層の厚さに一役買うかもしれない。

 

 

 

 問題なのは、投手陣だ。

 

 

 

 特に、鉄壁の救援陣を形成してきたバーネットと、ロマンの退団はあまりにも痛い。
 日本シリーズで簡単に敗退した最大の理由は、先発陣が、5回すらもたなかったことだ。

 

 

 

 それを補ってきた救援陣が戦力ダウンしたことは、下手をすると、
 点は入るが終盤逆転負けという、弱いころのヤクルトに戻ってしまう危険性がある。

 

 

 ライアン小川、石川、館山の、”先発3本柱” は、そこそこ安定した、
 成績を見込めるが、それ以外はかなり心もとない。

 

 

 

 打線は水ものであり、長いシーズンを乗り切り、CS・日本シリーズに、
 繋げていくには、投手陣の強化と整備が、何よりも不可欠だ。

 

 

 

 昨シーズンの経験を、今後に繋げて行けるかどうか。
 優勝から一転して、最下位もあり得るヤクルトの戦いぶりに、注目したい。

 

 

 

 

 

 

ブックメーカーで、プロ野球オッズに賭けよう!