まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



ラグビーブームを、将来に繋げられるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年のワールドカップの活躍、3年後の、
 自国開催ワールドカップと、追い風が吹き、
 80年代の絶頂期に、勝るとも劣らないラグビーブームが、
 突如として降って沸いた、今の日本。

 

 

 

 この風を、本格的にしていきたいものだが、
 肝心の取り組みは、必ずしもプラスの方向に、向いていない。

 

 

 

 トップリーグ開幕では、チケットは売れているが、
 スタンドが埋まっていないという、失態を犯したのもその1つだ。

 

 

 

 何よりも少子化の中、競技人口が、
 増えていないことが、一番の課題である。

 

 

 

 細かく言えば、幼少期や小学生の頃は、
 ラグビーに触れる機会は、意外とあるものだ。

 

 

 

 クラブの数も少なくはない。

 

 

 

 問題は、小学校までラグビーを続けた子どもが、
 中学以降も競技を続けたいと思っても、
 ほとんど選択肢がないのである。

 

 

 

 伝統ある学校は、それなりの部員や施設を抱えているが、
 普通の中学や高校に、ラグビー部を増やしていかない限り、
 裾野は広がって行かない。

 

 

 

 これはラグビーだけでなく、
 レスリングなどにも、共通する問題である。

 

 

 

 環境づくりは、誰か一人がやっていれば、
 成立する話ではない。

 

 

 

 継続的な指導者の育成もさることながら、
 様々なスポーツのかけもちを認めていくなど、
 これまでのやり方を転換していかないと、
 選手育成は成り立たなくなるだろう。

 

 

 

 もちろん、選手の負担を、過度に増やすことが、
 あってはならないが、色々なスポーツに触れることが、
 その選手の能力を、引き出すことだってあるはずだ。

 

 

 

 野球など特にそうだが、青田買いしておいて、
 肩を壊したからと、野球ができなくなり、
 学校にも居づらくなって退部し、転校や中退――。

 

 

 

 そんな高校生が後を絶たないのだ。

 

 

 

 複数のスポーツができるような制度、
 サイクルを作って行かない限り、
 スポーツ界の発展は、ありえないのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

『ブックメーカーみんな.com』へ戻る