イギリス人気No.1オンカジ、『プレイオジョ/PlayOJO』!

初回入金ボーナス、増量キャンペーン実施中♪



 『プレイオジョ/PlayOJO』 の最大の特徴は、「賭け条件ナシ」 です!
 イギリスで人気No.1に上り詰めたプレイオジョが、2022年に日本上陸!!

 当サイトのリンクやバナーから、プレイオジョに登録された方には、
 特典として、初回入金ボーナスを増量させていただきます。
 (通常の、花魁ドリーム・50フリースピンに加え、「30フリースピン」 をプレゼント♪)

 オンカジで遊ぶなら、イギリス人気No.1の、『プレイオジョ/PlayOJO』 で決まりです!!



ufc290(ナンバーシリーズ)は、ブックメーカーオッズに賭けよう!

 

 

 

 

賭けっ子リンリン は、2022年秋より、ライブストリーミング視聴 開始しました♪

 

 

 

ufc290・フェザー級・統一王座決定戦、ブックメーカーオッズ、2023年7月9日

 

「アレキサンダー・ボルカノフスキー1.23 vs ヤイール・ロドリゲス3.87

 賭けリン HP → 『総合格闘技』 → 『トップリーグ』 → 『ufc 290』

 

 

 

 ufc290(ナンバーシリーズ)、ブックメーカー、【賭けっ子リンリン】 のオッズを掲載しています。

 

 

 ufc290は、米・ネバダ州ラスベガスの、「T-Mobileアリーナ」 にて、
 2023年7月9日・AM11時00分〜メインカードの試合が開始されます。

 

 

 今回の、ナンバーシリーズ・ufc290では、
 フェザー級・統一王座決定戦と、フライ級・タイトルマッチの、
 wタイトルマッチが、開催されます。

 

 

 また、アーリープレリムでは、日本人選手、平良達郎が登場!!

 

 

 まずは、フェザー級・統一王座決定戦。

 

 

 現在、ufcフェザー級王座を4度の防衛に成功している、”アレキサンダー・ボルカノフスキー” が、
 2月のufc284で、暫定王座決定戦で王座獲得に成功した、”ヤイール・ロドリゲス” を迎えての、
 フェザー級・統一王座決定戦。

 

 

 ボルカノフスキーは、ufc284で、1階級上の、ライト級王者、イスラム・マカチェフに敗れるまで、
 ufc無敗の12連勝と、フェザー級では無敗の絶対王者。
 (総合格闘技全体でも、2013年に1度敗れたのみの、25勝2敗)

 

 

 対するロドリゲスも、ufc12勝2敗の強者で、フェザー級暫定王者。
 フェザー級・統一王座決定戦に、注目です!!

 

 

 続いて、フライ級・タイトルマッチ。

 

 

 2022年7月のufc277で、フライ級・統一王座決定戦を制し、2度目の王座を獲得し、
 2023年1月のufc283で、統一王座決定戦を制した、”ブランドン・モレノ” が、
 ランキング2位の、”アレクサンドル・パントーハ” を迎えての、防衛戦。

 

 

 ブランドン・モレノは、2020年12月のufc256で、初のタイトルマッチに挑むも、
 判定ドローにより、タイトル獲得はならずも、翌年6月のufc263で、
 ダイレクトリマッチで、”デイブソン・フィゲイレード” に勝利して、初の王座獲得。

 

 

 さらに、その翌年のufc270にて、デイブソン・フィゲイレードとラバーマッチを行い、
 判定負けを喫して、初の防衛ならずで、王座陥落。

 

 

 その後、前述の、暫定王座決定戦。統一王座決定戦(vs フィゲイレード)を制して、
 今大会で、初の王座防衛を目指します。こちらも、注目の1戦です!
 (フィゲイレードをは、2勝1敗1分)

 

 

 最後に、日本人選手、平良達郎。キャッチウェイト

 

 

 2022年2月にufcと契約を結び、4月のUFConESPN36で、デビューを飾った、平良達郎。
 現在、ufc3連勝中で、4連勝を目指す今大会は、”エドガー・チャイレス” と対戦。
 (本来のフライ級ではなく、キャッチウェイトでの対戦)

 

 

 ufc3連勝中の平良は、総合格闘技/mma全体でも、13戦無敗と、
 現在、日本人で1番王座獲得に近いと言われる選手。ufc290は、平良達郎選手に注目です!!

 

 

 なお、

 

 

 ufc290は、「U-NEXT」 で、生中継される予定です♪
 (2023年4月9日〜、ufcの中継は、「wowow → U-NEXT」 へと、変更になりました)

 

 

 

  • フェザー級・統一王座決定戦:『アレキサンダー・ボルカノフスキー vs ヤイール・ロドリゲス』
  • フライ級・タイトルマッチ:『ブランドン・モレノ vs アレクサンドル・パントーハ』

 

 

 

 メインカードは、上記タイトルマッチの他、

 

 

 

  • ミドル級マッチ:『ロバート・ウィテカー vs ドリカス・デュ・プレシ』
  • ライト級マッチ:『ジェイリン・ターナー vs ダン・フッカー』
  • ミドル級マッチ:『ボー・ニッカル vs トレーシアン・ゴア』

 

 

 

 こちらの3試合が開催される予定です。

 

 

 ブックメーカーでは、

 

 

 「好みの試合を、自由に組み合わせて」 賭けられる、
 「マルチベット」 という賭け方がおすすめです。(日本の、「toto」 のモデルです)

 

 

 当日は、

 

 

 メインカード以外にも、多数の試合のオッズが付けられますので、
 2023年7月9日開催の、ufc290は、是非、ブックメーカーの、「マルチベット」 で、
 あなたの好みの試合を、組み合わせて賭けてみてください!

 

 

 

 ※ mma/総合格闘技(ufc)の基本的な賭け方やオッズ詳細、マルチベット に関して、
   また、ブックメーカーへの登録方法などは、トップページで詳しく解説しています

 

 

 

 

 

ufc290、ブックメーカーオッズ!(7月4日更新)

 

 

 

※ 出典:https://www.ufc.com/event/ufc-290

 

 

 

 

 フェザー級、統一王座決定戦

  • 『アレキサンダー・ボルカノフスキー vs ヤイール・ロドリゲス/1.23 vs 3.87』メインカード

 

 

 

 フライ級・タイトルマッチ

  • 『ブランドン・モレノ vs アレクサンドル・パントーハ/1.47 vs 2.56』メインカード

 

 

 

 ミドル級マッチ

  • 『ロバート・ウィテカー vs ドリカス・デュ・プレシ/1.23 vs 3.86』メインカード
  • 『ボー・ニッカル vs トレーシアン・ゴア/1.06 vs 7.82』メインカード

 

 

 

 ライト級マッチ

  • 『ジェイリン・ターナー vs ダン・フッカー/1.37 vs 2.92』メインカード
  • 『カムエラ・カーク vs エステバン・リボビクス/2.24 vs 1.61』

 

 

 

 ウェルター級マッチ

  • 『ロビー・ローラー vs ニコ・プライス/3.06 vs 1.34』
  • 『ジャック・デラ・マダレナ vs Josiah Harrell/1.08 vs 6.96』

 

 

 

 女子ストロー級マッチ

  • 『ヤスミン・ハウレギ vs デニーシ・ゴメス/1.23 vs 3.89』

 

 

 

 ライトヘビー級マッチ

  • 『ジミー・クルート vs アロンゾ・メニフィールド/1.83 vs 1.90』
  • 『ビトー・ペトリーノ vs マルチン・プラフニオ/1.34 vs 3.06』

 

 

 

 キャッチウェイト

  • 平良達郎 vs エドガー・チャイレス/1.09 vs 6.47』日本人選手

 

 

 

 バンタム級マッチ

  • 『キャメロン・サーイマン vs テレンス・ミッチェル/1.20 vs 4.29』

 

 

 

 フライ級マッチ

  • 『シャノン・ロス vs ヘスス・アギラー/2.28 vs 1.58』

 

 

 

 

※ ufc290(ナンバーシリーズ)、ブックメーカー、【賭けっ子リンリン】 の、
  最新オッズの確認は、下記のように、進んでください!

 

賭けっ子リンリン HP → 『総合格闘技』 → 『トップリーグ』 → 『ufc 290』

 

 

 

 

 

【賭けっ子リンリン】 では、2022年秋より、「ライブストリーミング視聴」 のご利用が可能に♪