まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】2周年で、ボーナス大奮発♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】2周年で、ボーナス大幅UP♪

【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


ボクシングコラム!〜タイトルマッチ:『アレクシス・アルゲリョ』〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フェザー級・Jライト級・ライト級と3階級制覇を成し遂げた、
 「ニカラグアの貴公子」 アレクシス・アルゲリョも、
 日本で試合を行っている、名王者の一人だ。

 

 

 

 ニカラグア初の、世界王者となったアルゲリョは、
 華麗なテクニックと、細身に似合わぬ強打で、
 世界中のボクシングファンを、魅了した。

 

 

 

 挑戦したのは、世界ランキング2位の、ロイヤル小林。

 

 

 

 18戦全勝の内、16KOという、申し分ない成績を持って、
 アルゲリョに挑戦したわけだが、世界との差を、
 まざまざと見せつけられる結果となった。

 

 

 

 試合が行われたのは、1975年10月、場所は蔵前国技館。
 ゴングが鳴ると同時に、両者は激しく打ち合った。

 

 

 

 右ストレート、左アッパーを確実にヒットさせる、
 アルゲリョに対して、パンチ力に自信を持つ小林も応戦するが、
 いかんせん、テクニックに差がありすぎた。

 

 

 

 アルゲリョは、慌てることなく、
 ジワジワとプレッシャーをかけ、小林を追い込んでいく。

 

 

 

 そして、迎えた第5ラウンド。

 

 

 

 アルゲリョが放った左のボディブローが、
 小林を悶絶させ、ダウンを奪う。

 

 

 

 かろうじて、小林は立ちあがるものの、
 再びボディにパンチを浴び、今度は立ち上がれなかった。

 

 

 

 天才ボクサー、アルゲリョの強さが際立った試合は、こうして終わった。

 

 

 

 アルゲリョはその後、当時史上初となる、
 ”4階級制覇” にチャレンジするが、
 アーロン・プライヤーとの激闘の末、敗北する。

 

 

 

 引退後は、政治に関わるが、
 貧困、コカイン中毒などの末、汚職に関わっていた噂が流れる中、
 自殺とも他殺とも言われる、非業の最期を遂げる。

 

 

 

 天才ボクサーの行く末を、誤らせたのは何だったのか。

 

 

 

 一方、小林はこの敗戦を機に、練習に打ち込むようになり、
 1年後、屈辱を味わった蔵前国技館で、念願の世界タイトル奪取を果たす。

 

 

 

 大卒ボクサーとして、日本人初の世界王者に輝いた。

 

 

 

 

 

 

『ワールドボクシング・スーパーシリーズ 2017』 オッズへ!