まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】2周年で、ボーナス大奮発♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】2周年で、ボーナス大幅UP♪

【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


ボクシングコラム!〜世界戦:『マニー・パッキャオ』〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アジアからは、多くのボクシング王者が誕生しているが、
 なかでも、不滅の大記録を達成しているのが、
 フィリピン出身の、マニー・パッキャオだ。

 

 

 デビュー以来、次々と階級を上げていき、幾多の名王者を、
 体格の差をものともせず、爽快なKO勝ちを収めてきた姿が、
 世界的な人気を得た、要因である。

 

 

 

 そのパッキャオが、まだ無名時代に、日本で試合を行っている。

 

 

 

 試合は、異例の深夜放送が行われ、解説の元世界王者、白井義男は、
 パッキャオのパンチの重さに、高い評価を与えている。

 

 

 

 試合は1998年5月、後楽園ホールで行われた。
 対戦相手は、日本ランカー寺尾新。

 

 

 

 パッキャオは、3度のダウンを奪い、
 1ラウンド・2分59秒で、鮮やかなKO勝利を収めている。

 

 

 

 この頃パッキャオは、東洋フライ級王者で、
 まだ、将来を期待される選手の一人に過ぎなかった。

 

 

 

 この年の12月、パッキャオは、初の世界戦を行い、
 見事、世界フライ級王者を獲得する。

 

 

 

 相手は、ユーリアルバチャコフを破った、
 チャッチャイ・ダッチボーイジムだった。

 

 

 

 パッキャオの名が、世界に知れ渡っていくのは、2003年のこと。

 

 

 

 メキシコのスーパースター、アントニオ・バレラを、
 11回・TKOで葬り、番狂わせと騒がれて以降、飛ぶ鳥落とす勢いで、

 

 

 

 ファン・マヌケル・マルケス
 エリック・モラレス

 

 

 

 などと激闘を繰り広げ、世界中のボクシングファンを沸かせていった。

 

 

 

 対戦が熱望されながらも、長らく実現しなかった、
 フロイド・メイウェザーとの試合は、凡戦との批評を受けたが、
 その力強いファイトで培ってきた戦績は、アジア人の誇りである。

 

 

 

 現役続行か引退かの答えは、未だ出ていないが、
 もう一度、リングで元気な姿を見せて欲しいものである。

 

 

 

 

 

 

「ブックメーカーみんな.com」トップへ