まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



ボクシングコラム!〜タイトルマッチ:『モハメド・アリ』〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「蝶の様に舞い、蜂の様に刺す」

 

 

 

 華麗なボクシングスタイルで、ヘビー級に革命を起こし、
 歴代すべての階級を通じて、ナンバーワンチャンピオンとして、
 名前が挙がるのが、モハメド・アリである。(本名:カシアス・クレイ)

 

 

 

 1960年のローマ五輪で、ライトヘビー級の金メダリストとなった後、
 プロに転向し、4年後に、世界ヘビー級チャンピオンに輝いた。

 

 

 

 それから3年に渡り、王座を9度防衛し、
 ”最強” の名を欲しいままにしたが、アリが、
 今日においても最強と呼ばれる理由は、戦績だけではない。

 

 

 

 ビッグマウスで世間の注目を集め、ベトナム戦争時に懲役を忌避し、
 世界タイトルを剥奪されるが、後に、奇跡のカムバックを果たすといった、
 ドラマチックな人生が、尊敬を集めているからだ。

 

 

 

 そんなアリがフォアマンに勝ち、再びチャンピオンに返り咲く、
 2年前に、日本でノンタイトル戦を行っていたことは、
 あまり知られていない。

 

 

 

 カムバック後、ジョー・フレイジャーに判定負けを喫し、
 「アリ限界説」が流れる中、アリは日本で、
 マック・フォスターを相手に、ノンタイトル戦を行っている。

 

 

 

 1972年4月1日、エイプリルフールのことである。
 この時アリは、30歳。

 

 

 

 選手としての絶頂期を、ライセンスはく奪で奪われ、
 下がり目になってはいたものの、アリが日本に来て、
 試合をするということは、例えるなら、ビートルズ来日公演ほどの衝撃であり、
 会場となった日本武道館には、多くの観客が詰めかけた。

 

 

 

 アリは試合前、5ラウンドKOを予告していたものの、
 試合は、15回フルラウンド闘っての、判定勝ち。

 

 

 

 一度もダウンを奪うことなく、
 集まったファンの満足度は、半減した。

 

 

 

 実力差が明らかな相手に対して、
 KO勝ちできないアリは、「もう終わった」 と、
 誰もが思ったが、その後、アリは時の絶対王者フォアマンに勝利し、
 再び、チャンピオンとしての道を歩いていく。

 

 

 

 その過渡期に来日して、試合を行っていたことは、
 記憶に留めておきたいところだ。

 

 

 

 

 

 

「ブックメーカーみんな.com」トップへ