ラグビーについてもっと知ろう! 〜改めて振り返る、ワールドカップの快挙!〜

まずは、当サイトよりお知らせを!





【ラッキーニッキ―カジノ】新規オープン!







初回入金額×100%」 + 「2nd入金 & 3rd入金×50%」 + 「フリースピン:合計150回転





 日本語対応オンラインカジノ、待望のニューオープンです♪


 【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
 今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!
 (入金ボーナスに、ゴンゾ―クエストのフリースピン付き♪)



 ・初回:100%ボーナス+30回転(”フリースピン”)
 ・2nd:50%ボーナス+50回転
 ・3nd:50%ボーナス+70回転



 上記ウェルカムボーナス以外にも、日替わりプロモが、非常に魅力なカジノです!


 さらに!!



 ・クレジットカード入金
 ・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)



 とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆









【ラッキーニッキ―カジノ】入金ボーナスのご獲得には、”ボーナスコード:YES”をご入力ください!






【LuckyNiki Casino】 詳細情報!





改めて振り返る、ワールドカップの快挙!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 記憶に新しい、昨年のラグビーワールドカップで、
 日本代表チームは、これまでの代表記録を塗り替えていった。

 

 

 

 初戦の南アフリカ戦を、劇的な逆転トライで勝利した後、
 スコットランドには敗れたもののサモア、アメリカに勝利し、
 これまで、1勝しかあげていなかったのを、1つの大会で、
 3勝もしたのである。

 

 

 

 惜しくも、獲得ポイントの差で、決勝トーナメントには、
 進むことはできなかったが、3勝しながら、準々決勝に進めなかった、
 史上初のチームとして、歴史に名を残すことになった。

 

 

 

 南アフリカ戦での勝利は、スポーツ史上最大の、
 番狂わせの1つとして、永遠に語り継がれるに違いない。

 

 

 

 皮肉にも、敗れた南アフリカは、
 この敗戦をきっかけに、大会3位に上り詰めた。

 

 

 

 それは、1996アトランタ五輪における、サッカー競技の初戦で、
 日本に歴史的な敗北を喫しながら、大会3位になった、
 ブラジルチームの様でもあった。

 

 

 

 世界のスポーツ史に残る、番狂わせを演じた日本代表が、
 ともに決勝トーナメントに進めなかったのは、歴史の皮肉と言える。

 

 

 

 南アフリカ戦での勝利が、全く期待されていなかったのは、
 テレビ中継事情にも、現れていた。

 

 

 

 初戦であるにもかかわらず、地上波中継がなかったのだ。

 

 

 

 結果を喜ぶだけではなく、この失態の反省を、
 テレビ局はしてもらいたいものだ。

 

 

 

 3勝した中で、最も完勝と言えるのが、3戦目のサモア戦だ。

 

 

 

 体格に勝るサモアを押し込み、認定トライを奪う姿は、
 これまでの日本代表では、見られないものだった。

 

 

 

 日本人でも鍛え上げれば、世界で立派にフィジカル勝負ができる――。

 

 

 

 その姿を見せ付けたことは、今後の日本スポーツ界に、
 大きな影響があるに違いない。

 

 

 

 特に、過去の栄光が、地に落ちているマラソン界などは、
 ぜひ参考にしてもらいたいものだ。

 

 

 

 このように、日本ラグビーの快挙は、日本スポーツ界、
 全体の快挙であり、今後の強化方針を、指し示してくれたのである。

 

 

 

 

 

 

ブックメーカーで、スーパーラグビーに賭けよう!

 

 

 

 

 

 


トップページ ブックメーカー掲示板 ATPファイナルズ特集! $10プレゼント♪ メルマガ登録フォーム