まずは、当サイトよりお知らせを!



ラッキーニッキ―カジノ、「絶対負けない、$200」!!






※ 「ラッキーニッキーカジノ、絶対負けない、$200」 キャンペーンは、11月29日・AM59分まで!




2019年11月21日・AM9時より、ラッキーニッキーカジノにて、
「絶対負けない、$200」キャンペーンがスタートします!

「$200入金して、万が一全部負けても、”$200キャッシュバック”!!」

$200入金して、
「勝てば、そのまま出金♪」 or 「負けても、キャッシュバック♪」

さらに、

ラッキーニッキーカジノのウェルカムボーナスは、「業界最大級」!
初めて登録される方は、本キャンペーンと、併せてお受け取りいただけます♪

さらにさらに、

初めてご登録される方は、「入金不要の、$30ボーナス」も、お受け取りいただけます♪
(「登録ボーナス」&「絶対負けない、$200」&「ウェルカムボーナス」)



とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)








ラッキーニッキーカジノ、「絶対負けない、$200」は、2019年11月29日・AM8時59分まで!!





【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!




ブックメーカーは、日本では違法なのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 2015年、読売巨人軍の3選手が、スポーツ賭博に関与したとして、
 世間を騒がせましたが、ブックメーカーで日本人が賭けるのは、違法となるのでしょうか?

 

 

 

 まず第一に、「日本人が、賭博を運営することは禁止」されています。

 

 

 

 先の、巨人軍の選手の場合、日本人が運営していたスポーツ賭博に、
 賭けていたわけですので、こちらは、当然、違法行為となります。
 (日本でのネットカジノ摘発のニュースも、全て、”日本人運営” の違法賭博であります)

 

 

 

 では、海外ブックメーカーの場合は、と言いますと...

 

 

 

 「海外の国や地域から、許可(ライセンス)を正式に得て、運営している」
 ため、海外ブックメーカーの運営自体は、全く問題なく、”合法” です。

 

 

 

 ここで、問題となるのが、”日本人が賭けた場合” ですが、
 「日本人は日本国内では、許可されたモノ(宝くじや競馬などですね)以外に、賭けてはならない」
 と、法律で定められているため、日本国内でPCやスマホで、
 ブックメーカーに賭けた場合、”形式的には、違法となる可能性” があります。
 (こちらは、日本国内での話です。アメリカに行って、アメリカ国内の宝くじを買うのは、違法とはなりません)

 

 

 

 ここで、”違法となる可能性” と記載しましたが、現在、日本では、
 海外ブックメーカーに賭けて、違法となった判例がないため、
 「違法となる可能性がある」 と、記載しています。(2016年現在、摘発されたこともありません)

 

 

 

 日本では、「罪刑法定主義」 を採っているため、法律で禁止されていなければ、
 そもそも違法行為とはなりませんし、また、日本では、インターネットを介しての行為の、
 法整備が遅れているため、明確な法律というものも存在しません。
 こういった場合、新たに法律を制定するか、裁判所の判決を以て、違法かどうかを判断します。

 

 

 

 次に、”形式的” と記載しましたが、形式的にというのは、
 「違法となる可能性があっても、捕まる可能性は低い」 ということであります。

 

 

 

 日本の法律で、賭博罪とは、”対向犯” であるため、
 「賭けた人間(日本人)と、賭けさせた人間(ブックメーカー)
 の、両方を罰せなければなりません。

 

 

 

 当然ながら、日本の法律では、海外ブックメーカーを罰することはできませんので、
 自ずと、「賭けた日本人も、罰することはできない」 となります。
 (ただ、今後の法整備や判例で、変わる可能性が、ないわけではありませんが)

 

 

 

 以上より、ブックメーカーで日本人が賭けた場合、違法かどうかですが、
 「違法となる可能性はあるものの、罰せられる可能性は低い」 となります。

 

 

 

 と、ここまでは、

 

 

 

 以前より、当サイトや姉妹サイトでも記載していた内容でありますが、
 弁護士がもう少し踏み込んだ見解を示していますので、興味があれば、
 こちらのページも、ご覧になってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故、パチンコは違法ではない!?

 

 

 

 

 当ページでは、「日本人は、賭博を運営してはならない」 と、
 法律で定められている旨を記載しておりますが、「では何故、パチンコはok?」 と、
 なりますので、最後にこちらを、軽く解説させていただきます。

 

 

 結論から言いますと、パチンコは、”(風営法で管理された)遊戯” と、定義されており、
 そもそも、「ギャンブル(賭博)ではない」 と、日本の法律ではなっております。

 

 

 見た目は、完全にギャンブルであり、世間のほとんどの人間が、
 パチンコをギャンブルとしてみていますが、法律的には、”遊戯” であります。

 

 

 パチンコは、”3店方式” というものを採用しており、

 

 

 

 ・『パチンコ店』
 ・『景品交換所』
 ・『問屋』

 

 

 

 の3店が、それぞれ独立して(経営など別々に)運営していることを言います。

 

 

 

 『パチンコ店』 で、玉を購入し、遊んで増えた分は、”景品” に交換してもらい、
 『景品交換所』 で、質入れし、お金を貰います。
 『問屋』は、景品交換所から、質流れ品として、”景品” を購入し、パチンコ店へ転売。

 

 

 

 3店方式とは、こういった流れとなっています。

 

 

 景品交換所は、当たり前のように、パチンコ店の敷地内にありますし、
 パチンコ店の文鎮を、価値のある商品として売買しているも、おかしな話です。
 (一般人からは、ただのガラクタにしか、見えませんが...)

 

 

 疑問しか残りませんが、以上、賭博禁止の日本で、パチンコが運営出来ている理由です。

 

 

 

 ※ ちなみにですが、パチンコ店の還元率は、40%に満たないと言われています。(公表の義務が無いため、有識者の見解です)
   一方、ブックメーカーや、オンラインカジノの還元率は、90%を超えています。(公表が義務付けられ、独立監査も行われます)

 

 

 

 

 

 

William Hill 日本語

 

オンラインカジノへは、【Williamhill Sports HP】上部メニューにボタンがあり、そちらから移動できます。

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る