まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




2019年6月より、【ラッキーニッキーカジノ】 にて、登録ボーナスが登場しました!

当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!

登録するだけで、$30遊べますので、是非、ブックメーカーの合間にお楽しみください♪
(上限$100ですが、勝ったお金も出金できます!)


さらに、


【ラッキーニッキーカジノ】 は、”ウェルカムボーナス” も、
業界最大級」ですので、お気に召された場合は、たっぷりの、”ウェルカムボーナス” を受け取って、
豊富な資金でお楽しみいただくことが可能です!!(詳しくは、↑のYouTube動画にて)


また、ラッキーニッキーカジノの特徴は、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)








最新の人気スロットは、『Moon Princess』・『Book of Dead』・『Vikings go to Hell』が、Top3!!





【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!




アカデミー賞名場面! 〜ブックメーカーみんな.com〜記事一覧

アカデミー賞名場面!〜20年振りの帰国に鳴り響いた、万雷の拍手〜 アカデミー賞史上最も感動的な場面の1つとして、 必ず取り上げられるのが、喜劇王、”チャールズ・チャップリン” が、 20年振りにアメリカに帰国した、特別賞受賞式の場面だ。 世界中で、そっくりさんが登場する程、 センセーションを巻き起こしたチャップリンは、 マネージャーに日本人を採用するほど、大の日本びいきでもあった。 『独裁者』 で...

アカデミー賞名場面!〜オスカー4度受賞の名女優が、出席した日〜 アカデミー賞で、オスカー像を一度だけでも手にしたいと、 多くの俳優が思っているが、その道のりは険しく、とても高い。 しかし、そのオスカー像を、4度受賞した名女優がいる。 ・『勝利の朝』 ・『招かるざる客』 ・『冬のライオン』 ・『黄昏』 いずれも、主演女優賞で受賞した、キャサリン・ヘプバーンだ。 しかし、彼女は自分の授賞式に現れたこと...

アカデミー賞名場面!〜果たせなかった母の夢をかなえた、感動の受賞〜 1973年に、『キャバレー』 の熱演で、 主演女優賞を受賞した、ライザ・ミネリ。 彼女は、アカデミー賞・監督賞の受賞経験のある、 ヴィンセント・ミネリを父に持ち、 『オズの魔法使い』 のドロシー役で、世界中に名を馳せた ジュディ・ガーランドを母に持つ、正真正銘のサラブレッドだった。 しかし、母は将来を嘱望された女優でありながら、 ...

アカデミー賞名場面!〜奇跡の同点・ダブル受賞〜 全世界で注目の的となるアカデミー賞だが、その選考対象は、 「1年以内に、ロサンゼルス地区で上映」 された作品と、 かなり狭い範囲のものであることは、意外と知られていない。 アメリカの、映画産業従事者の団体である、 映画芸術科学アカデミーの会員が、無記名投票を行い、 それぞれの受賞者が決まるのだが、その投票数は、3000を超えるものだ。 「事実は小説よ...

アカデミー賞名場面!〜白人以外に、初めて主演女優賞が渡った日〜 2002年に開催された、第74回アカデミー賞授賞式では、画期的な出来事があった。 史上初めて、白人以外の、主演女優賞受賞者が誕生したのだ。 栄誉ある初めての受賞者になったのは、『チョコレート』 における、 死刑囚の妻の演技が評価された、ハル・ベリー。 助演女優賞での受賞は、名作、『風と共に去りぬ』 の、 ハティ・マクダニエルを始め、幾...

アカデミー賞名場面!〜多くの俳優に勇気を与えた、感動の名スピーチ〜 アカデミー賞では、多くの受賞者が、感動のスピーチを行ってきたが、 なかでも評価の高いのが、ダスティン・ホフマンの名スピーチである。 名作、『卒業』 で、デビュー以来高い評価を受け、 アカデミー賞にノミネートされながらも、アカデミーを批判し続け、 授賞式をボイコットしてきた彼が、1979年の、『クレイマー・クレイマー』 で、 主演男...

アカデミー賞名場面!〜両親への感謝を込めた、手話のメッセージ〜 1975年のアカデミー賞を席巻した作品が、 ジャック・ニコルソン主演の、『カッコーの巣の上で』 である。 『或る夜の出来事』 以来、実に41年振りに、 ・作品賞 ・監督賞 ・主演男優賞 ・主演女優賞 ・脚色賞 と、主要5部門を独占した。 精神異常を装った男が、患者の人間性まで統制しようとする、病院側から、 自由を勝ち取ろうと立ち向かう...