まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】2周年で、ボーナス大奮発♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】2周年で、ボーナス大幅UP♪

【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


アカデミー賞名場面!〜20年振りの帰国に鳴り響いた、万雷の拍手〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アカデミー賞史上最も感動的な場面の1つとして、
 必ず取り上げられるのが、喜劇王、”チャールズ・チャップリン” が、
 20年振りにアメリカに帰国した、特別賞受賞式の場面だ。

 

 

 

 世界中で、そっくりさんが登場する程、
 センセーションを巻き起こしたチャップリンは、
 マネージャーに日本人を採用するほど、大の日本びいきでもあった。

 

 

 

 『独裁者』 で、戦争の愚かさを訴えたチャップリンは、
 第二次世界大戦後の第1作目、『殺人狂時代』 で、再び戦争を痛烈に風刺する。

 

 

 

 しかし、このことが、アメリカ政府の逆鱗に触れ、
 ハリウッドの赤狩りに合い、1952年新作、『ライムライト』 の宣伝で、
 ヨーロッパを訪れている最中、アメリカ政府から、「再入国拒否」 の宣告を受け、
 スイスへの移住を余儀なくされる。

 

 

 

 それから20年後の1972年、ベトナム戦争の泥沼化に、
 嫌気がさしていた社会背景を受け、アカデミー協会は、
 何と、アメリカを追われるきっかけとなった、
 『殺人狂時代』 に対して、特別賞を送ったのだ。

 

 

 

 20年振りにアメリカの地を踏みしめ、
 会場に到着したチャップリンに対して、
 会場に居並ぶスターや製作者たちは、総立ちで拍手を送り続けた。

 

 

 

 「ブラボー」 の声と、万雷の拍手が、いつまでも鳴りやまない中、
 チャップリンは、照れ臭そうに観客を見まわし、手を振った。

 

 

 

 感謝のスピーチを手短に述べたチャップリンは、
 トレードマークの山高帽と、ステッキを手渡され、ステージを去った。

 

 

 

 それから5年後のクリスマスの朝、
 チャップリンは、スイスの邸宅で家族に見守られながら、
 波乱に満ちた、88歳の生涯を閉じたのである。

 

 

 

 今なお、チャップリンの映画は、
 各方面に影響を与え、生命力を失わずにいる。

 

 

 

 

 

 

『アカデミー賞、ブックメーカーのオッズ』へ!