まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




2019年6月より、【ラッキーニッキーカジノ】 にて、登録ボーナスが登場しました!

当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!

登録するだけで、$30遊べますので、是非、ブックメーカーの合間にお楽しみください♪
(上限$100ですが、勝ったお金も出金できます!)


さらに、


【ラッキーニッキーカジノ】 は、”ウェルカムボーナス” も、
業界最大級」ですので、お気に召された場合は、たっぷりの、”ウェルカムボーナス” を受け取って、
豊富な資金でお楽しみいただくことが可能です!!(詳しくは、↑のYouTube動画にて)


また、ラッキーニッキーカジノの特徴は、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)








最新の人気スロットは、『Moon Princess』・『Book of Dead』・『Vikings go to Hell』が、Top3!!





【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!




ラグビーについてもっと知ろう! 〜ブックメーカーみんな.com〜記事一覧

 昨年のワールドカップにおける、ラグビー日本代表チームの活躍で、 80年代のラグビーブームに、勝るとも劣らない人気が、広がりつつあるわけだが、 同時に、ルールを理解していない人は、まだまだ多い。 ファン層の拡大のためにも、ルールを分かりやすく解説できることが、大切だ。 ここでは、ラグビー観戦の基本中の基本と言えるルールについて、説明しよう。 まず、試合時間は、基本的に40分ハーフで、高校生だけ30...

 野球は9人、サッカーは11人、ラグビーは15人でやるスポーツだが、 各ポジションの名称を、正確に答えられるかと言えば、そうでもない。 長年見ている人でも、そんなもんだから、そこまで覚える必要も、 ないのだが、フォワードとバックスぐらいの区別はつけておくと、 より一層試合を楽しむことができる。 大雑把に言えば、スクラムを組むのが、フォワードで、 それを操る、ゲームメーカーおよび、ボールを持って走る...

 昨年のラグビーワールドカップで活躍した、日本人選手が、 所属しているチームがあり、今年から、日本チームとしても、 リーグ参戦が決まっているスーパーラグビー。 しかし、その内容を正確に説明できる人は、 ラグビーファンでも、多いとは言えないだろう。 ラグビーも他のスポーツと同じように、世界ランキングがある。 ”ニュージーランド”・”オーストラリア”・”南アフリカ” が、世界のトップ3だ。 その3カ国...

 意外と知られていないことだが、かつて、 五輪ではラグビーが行われていた。 1924年以来、実施は途絶えていたが、 2016リオ五輪にて復活することになった。 採用されるのは、15人制ではなく、7人制で、 通称、『セブンズ』 と、呼ばれるものだ。 日本ではまだまだ知名度は低いものの、世界的には、 15人制に、勝るとも劣らないほどの、人気を誇っている。 ルールは、ほとんど15人制と同じで、 フォワー...

改めて振り返る、ワールドカップの快挙! 記憶に新しい、昨年のラグビーワールドカップで、 日本代表チームは、これまでの代表記録を塗り替えていった。 初戦の南アフリカ戦を、劇的な逆転トライで勝利した後、 スコットランドには敗れたもののサモア、アメリカに勝利し、 これまで、1勝しかあげていなかったのを、1つの大会で、 3勝もしたのである。 惜しくも、獲得ポイントの差で、決勝トーナメントには、 進むことは...

ラグビーブームを、将来に繋げられるのか? 昨年のワールドカップの活躍、3年後の、 自国開催ワールドカップと、追い風が吹き、 80年代の絶頂期に、勝るとも劣らないラグビーブームが、 突如として降って沸いた、今の日本。 この風を、本格的にしていきたいものだが、 肝心の取り組みは、必ずしもプラスの方向に、向いていない。 トップリーグ開幕では、チケットは売れているが、 スタンドが埋まっていないという、失態...

ラグビーについてもっと知ろう! 〜80年代のラグビーブームを振り返る!〜 1970年代後半から巻き起こった、日本のラグビーブーム。 特に、大学ラグビーの人気は凄まじく、「早稲田大学 vs 明治大学」 の、 いわゆる、「早明戦」 は、国立競技場が、超満員で埋まるのが常だった。 早稲田の、バックスを中心とした、展開力に対し、 明治の、”前へ精神” のもと、フォワードを中心に、 押して押しまくる対照的な...