まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



リオ五輪アベック出場を果たした、セブンズに期待!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 意外と知られていないことだが、かつて、
 五輪ではラグビーが行われていた。

 

 

 

 1924年以来、実施は途絶えていたが、
 2016リオ五輪にて復活することになった。

 

 

 

 採用されるのは、15人制ではなく、7人制で、
 通称、『セブンズ』 と、呼ばれるものだ。

 

 

 

 日本ではまだまだ知名度は低いものの、世界的には、
 15人制に、勝るとも劣らないほどの、人気を誇っている。

 

 

 

 ルールは、ほとんど15人制と同じで、
 フォワード3人、バックス4人が基本。

 

 

 

 特徴は、15人制と同じサイズの、
 フィールドを使用するので、得点が入りやすいことだ。

 

 

 

 もっとも広さは同じ、試合時間も同じなら、
 選手の体力が持たないので、試合時間は、
 前半7分・後半7分の計14分である。

 

 

 

 とにかく、スピード重視の目まぐるしい試合展開が、
 セブンズの魅力なのだ。

 

 

 

 セブンズ日本代表は、男女ともに、
 昨年のアジア予選を勝ち抜き、リオ五輪出場を決めている。

 

 

 

 ここで、注目は、15人制ラグビー代表との、
 兼任もできるため、2つの日本代表に名を連ね、
 本大会に出場できる選手が、いるかどうかである。

 

 

 

 早稲田大学の藤田慶和選手は、その可能性がある一人で、
 これまでも、15人制とセブンズ両代表に名を連ねてきた。

 

 

 

 1試合14分のセブンズの試合は、同日・同会場で、
 複数の試合を行うことができ、各国のファンの集客も見込める。

 

 

 

 また、テレビ中継する側もやりやすい。

 

 

 

 正式競技に、新たに名を連ねることができた背景には、
 競技の魅力もさることながら、そうした部分も、
 加味されてのことだろう。

 

 

 

 いずれにせよ、男女ともに出場する日本代表。

 

 

 

 昨年からのラグビー人気の復活の流れに乗って、
 活躍してもらいたいものだ。

 

 

 

 

 

 

ブックメーカーで、スーパーラグビーに賭けよう!