まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



オリンピック関連コラム! 〜オリンピックと、アマチュアリズム〜

 

 

 

オリンピックは長年、「アマチュアスポーツの祭典」 として、行なわれてきた。

 

 

現在では、プロも参加が認められ、日本でもメダルを獲得した選手に、
政府から、報奨金が支払われるようになっている。

 

 

しかし、オリンピックは、「アマチュアリズムであるべき」 と主張する意見も、根強く残っている。

 

 

そもそも、オリンピックのアマチュアリズムは、
近代オリンピックの生みの親、クーベルタン男爵が提唱した思想であり、
「オリンピックの出場者は、スポーツによる、金銭的な報酬を受けるべきではない」
としていた。

 

 

その原点は、古代オリンピックにおいて、競技の勝者に与えられたのは、
月桂樹で編んだ、「月桂冠と栄誉」 のみだったことからだ。

 

 

国際オリンピック委員会は、1901年には、既にアマチュア規定を定め、
1925年に制定された、”オリンピック憲章” で統一されている。

 

 

1952年〜1972年に、第5代のIOC会長を務めた、
アベリー・ブランデージは、「ミスター・アマチュアリズム」と呼ばれるほど、
アマチュアリズムを、原理主義的に推し進めていた。

 

 

しかしこの時代、ソビエト連邦を始めとする、東欧諸国の選手たちは、
国家から、”報酬”・”物質的援助”・”身分保障” をされて、
競技に専念する立場であったため、「ステート・アマ」 と呼ばれていた。

 

 

1962年のオリンピック憲章改正により、オリンピックの参加選手に対する、
休業補償が認められたことで、西側諸国の選手たちも、
競技に専念する、ステート・アマ同様になってしまっていた。

 

 

この時代に、多くのスポーツを取り巻く環境は、大きく変わり、
アマチュア規定との、乖離が進行していたのだ。

 

 

アベリー・ブランデージ会長に代わり、
第6代IOC会長として、キラニン卿(第3代キラニン男爵、マイケル・モリス)が就任すると、
1974年にオリンピック憲章を改正して、「アマチュア」 という言葉が消えた。

 

 

こうしてオリンピックは、トップレベルのアスリート達の、
競技を見せるために、プロ選手の参加を容認。

 

 

さらには、オリンピックそのものも、商業化へ舵を切っていくことになる。

 

 

 

 

 

東京オリンピック、ブックメーカーのオッズ特集!