まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



オリンピック関連コラム! 〜オリンピック招致で、賄賂は当たり前?〜

 

 

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの、
招致に成功した、日本オリンピック委員会(JOC)

 

 

その立役者である、竹田恒和会長が、招致の際に贈賄を行った容疑で、
フランス司法当局から、捜査を受けている。

 

 

東京オリンピック・パラリンピックの招致委員会は、ロビー活動を行うために、
シンガポールのコンサルタント会社、ブラックタイディングス社と契約していた。

 

 

その契約では、2800万シンガポールドル(約2億2000万円)を、支払ったとされている。

 

 

JOCは、「正式な業務契約に基づく、対価として支払った」 としているが、
シンガポールにある、ブラックタイディングス社があるのは、
公営住宅の一室で、ペーパーカンパニーと見られている。

 

 

この疑惑が取りざたされた発端は、ロシアの組織ぐるみのドーピング問題だった。

 

 

国際オリンピック委員会(IOC)の委員だった、
ラミン・ディアク、国際陸上競技連盟(IAAF)前会長と、
息子の、パパ・マッサタ・ディアク氏が、ドーピングを黙認する代わりに、
多額の現金をロシア側から受け取っていた容疑で、
フランスの検察当局が、捜査を開始したことだった。

 

 

ブラックタイディングス社の、タン・トンハン元代表と、
パパ・マッサタ・ディアク氏は、北京オリンピックから、懇意の間柄。

 

 

日本が、コンサルタント料として払ったお金が、
ラミン・ディアク氏まで渡っているとみて、捜査が行なわれている。

 

 

2002年の、ソルトレークシティー大会招致に際して、
買収疑惑があったことから、開催地決定の投票権を持つ、
IOC委員の立候補都市訪問は、禁止された。

 

 

その結果、コンサルタント会社によるロビー活動は、
必要不可欠なものとなっている。

 

 

しかし、リオデジャネイロオリンピックの招致を巡っても、
ブラジルオリンピック委員会(BOC)の会長が逮捕されるなど、
買収疑惑は跡を絶たない。

 

JOCが支払った、2800万シンガポールドル(約2億2000万円)ものコンサルタント料も、
妥当な金額だったのか、本当にコンサルタント業務が行なわれていたのかは、疑問が残る。

 

 

JOCの竹田恒和会長は、「支払いは適切な対価」 であるとし、
フランスの捜査当局に全面的に協力すると明言。

 

 

結論が出るまでは、しばらくの時間が掛かりそうだ。

 

 

 

 

 

東京オリンピック、ブックメーカーのオッズ特集!