まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



オリンピック関連コラム! 〜オリンピック招致合戦は、もう終了?〜

 

 

 

2013年9月7日(日本時間、9月8日)
アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれた、第125次IOC総会。

 

 

そこで行なわれた、2020年開催の夏季オリンピックの最終選考国による、
招致演説および、IOC委員による投票で、2020年の東京オリンピックが決定した。

 

 

その瞬間、現地だけでなく、日本で見守っていた、
関係者が歓喜する姿が、テレビに映りだされた。

 

 

しかし、このような瞬間がメディアに流れることは、もうないかもしれない。

 

 

なぜなら、2024年大会は、ロサンゼルスが招致を断念したため、
パリが単独で承認され、同じIOC総会で、2028年大会は、
ロサンゼルスで承認されたためである。

 

 

2024年の立候補が、2都市だったため、2028年と分け合う形になったのだ。
オリンピックに立候補する都市が少なくなり、招致争いにならなくなっている。

 

 

各国が、オリンピック招致に乗り出さなくなったのは、
開催費用が高騰して、財政負担ができなくなっているからである。

 

 

カナダのカルガリーでは、2026年の冬季オリンピックを、
招致するか否かについて、住民投票が行なわれた。

 

 

その結果は、反対票が56.4%を占めて招致を断念。

 

 

市の負担だけでも、約4億カナダドル(約344億円)掛かるとした試算が、
反対票が増えた原因とみられている。

 

 

発展途上国から、先進国の仲間入りをした国では、
オリンピックを契機に、インフラ整備を進めるなど、メリットも大きい。

 

 

しかし先進国にとっては、巨額に膨れ上がった開催費用が、
開催国や、地元自治体の財政負担がのしかかるだけで、
経済的なメリットを感じられなくなっている。

 

 

近年では、テロに備えたセキュリティ対策などの、
警備関連費用が増大しているのも、その一因だ。

 

 

それが、2024年大会と2028年大会の、無競争での開催都市決定となった。

 

 

2024年のパリ・オリンピックは、
1924年のパリ・オリンピックから、ちょうど100年にあたる。

 

 

拡大路線を続けてきたオリンピックの、曲がり角の大会になるのかもしれない。

 

 

 

 

 

東京オリンピック、ブックメーカーのオッズ特集!