まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



オリンピック関連コラム! 〜今は行なわれなくなった、オリンピック種目・前編〜

 

 

 

1896年から歴史が始まった、近代オリンピックにおいて、
競技・種目の数は増え続けているが、除外をされた競技・種目も数多くある。

 

 

今は行なわれなくなった競技・種目について、2回に分けてお届けする。

 

 

 

 

鳩射撃
生きた鳩を銃で撃つ鳩射撃は、1900年のパリオリンピックでのみ開催された。
300羽近くの鳩が射撃の的になり、優勝者は、21羽の鳩を撃ち落としたという。
その後は、クレー射撃へと取って代わり、鳩射撃が実施されることはなくなった。

 

 

 

 

水中障害物競走・潜水
水中障害物競走と潜水も、1900年のパリ・オリンピックで、1度のみの開催した種目である。
水中障害物競走は、セーヌ川に置かれたボートをよじ登ったり、川に潜って船の下を泳いだりする競技。
潜水は潜って泳げる距離を競うもの。ただ当時のセーヌ川は今よりもずっと水質が悪かったとか...

 

 

 

 

明白高飛込・距離飛込
1912年のストックホルム・オリンピックから、1924年のパリ・オリンピックまでの、
3大会で実施された明白高飛込は、英語では<「plain high diving」 と呼ばれ、
「素の高飛込」 と、訳した方がいいのかもしれない。
1904年のセントルイス・オリンピックでのみ実施された距離飛込は、
45センチの高さの台から飛び込み、けのび状態で、何メートル進むかを競う競技だったそうだ。

 

 

 

 

立ち幅跳び・立ち高跳び・立ち三段跳び
現在も行なわれている、助走を付けた走り幅跳び・走り高跳び・走り三段跳びの、
助走をしないバージョンが、かつては存在していた。
1900年のパリ・オリンピックから、1912年のストックホルム・オリンピックまでの、
4大会で実施されている。(立ち三段跳びは1900年と1904年の2大会のみ)

 

 

 

 

馬幅跳び・馬高跳び
馬幅跳びと馬高跳びは、『馬術競技』 の種目として、
1900年のパリオリンピックで一度だけ実施された。

 

 

 

 

綱登り
綱登りは、1896年から1932年まで間の4大会、体操競技の1種目として実施されていた。
13メートルの高さの綱を、腕の力だけで登り、フォームとスピードを採点する種目であった。

 

 

 

綱引き
綱引きは、1900年パリ・オリンピックから、1920年アントワープ・オリンピックまでの、
5大会で実施。大会ごとに1チームの人数はバラバラであった。
国際綱引連盟のIOC加盟は、2002年に承認され、2020年の東京オリンピックの、
追加種目へ名乗りを挙げるなど、復活に向けて活動を続けている。

 

 

 

 

後編に続く。

 

 

 

 

 

東京オリンピックは、ブックメーカーのオッズにに賭けて観戦しよう!