まずは、当サイトよりお知らせを!



ラッキーニッキ―カジノ、「絶対負けない、$200」!!






※ 「ラッキーニッキーカジノ、絶対負けない、$200」 キャンペーンは、11月29日・AM59分まで!




2019年11月21日・AM9時より、ラッキーニッキーカジノにて、
「絶対負けない、$200」キャンペーンがスタートします!

「$200入金して、万が一全部負けても、”$200キャッシュバック”!!」

$200入金して、
「勝てば、そのまま出金♪」 or 「負けても、キャッシュバック♪」

さらに、

ラッキーニッキーカジノのウェルカムボーナスは、「業界最大級」!
初めて登録される方は、本キャンペーンと、併せてお受け取りいただけます♪

さらにさらに、

初めてご登録される方は、「入金不要の、$30ボーナス」も、お受け取りいただけます♪
(「登録ボーナス」&「絶対負けない、$200」&「ウェルカムボーナス」)



とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)








ラッキーニッキーカジノ、「絶対負けない、$200」は、2019年11月29日・AM8時59分まで!!





【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!




女子バレーの、“東洋の魔女” は、元々、企業チームに付けられたニックネーム

 

 

 

「東洋の魔女」 と言えば、1964年の東京オリンピックで、
金メダルを獲得した、女子バレーボール日本代表の、ニックネームとして知られている。

 

 

金メダルを懸けた、ソビエト連邦との決勝戦の視聴率は、
”66.8%(関東地区)” にのぼり、日本中が熱狂して応援していたという。

 

 

しかし、「東洋の魔女」 のニックネームは、元々は、
実業団の、日紡貝塚女子バレーボールチームに付けられたものである。

 

 

日紡貝塚は、1961年の欧州遠征で、各国のナショナルチーム相手に22連勝し、
ソビエトからの外電で、「東洋の台風、東洋の魔法使い」 と伝えられたのが始まり。

 

 

1962年の世界選手権には、日紡貝塚の10選手と、高校在学中の2選手で挑み、
柔道の受け身に似た回転レシーブや、変化球サーブなどを駆使して、全勝優勝。

 

 

日本が、団体競技で世界の頂点に立つのは、初めてのことで、社会的なニュースとなった。

 

 

この躍進の要因は、「鬼の大松」 と呼ばれた。
大松博文監督の、超スパルタ指導にあったと言われている。

 

 

15時に仕事を終えてから、深夜まで続く練習で、無敵の日紡貝塚を作り上げた。

 

 

世界選手権で優勝した、日紡貝塚の選手たちは、ご褒美に世界一周旅行をし、
結婚適齢期の選手達と大松監督は、引退を表明した。

 

 

そこに入ってきたのが、1964年の東京オリンピックから、
女子バレーボールが、正式種目に決まったとの一報だった。

 

 

日本バレーボール協会は、「東京オリンピックまで続けて欲しい」 と訴え、
ファンからも手紙も殺到。

 

 

大松博文監督が、選手たちに放った、「俺についてこい」 の一言で、
キャプテン・河西昌枝らが、現役続行を決断。

 

 

オリンピックまでの2年間、選手たちは、15時に仕事を終えてから、26時まで練習、
監督も、16時まで仕事をしてから、練習に参加していた。

 

 

そして、迎えた東京オリンピックでは、決勝までお互い全勝で勝ち進んだ、
ソビエト連邦と対戦して勝利し、金メダルに輝いた。

 

 

なお、1959年11月から続いていた、日紡貝塚女子バレーボールチームの連勝は、
オリンピック後も続き、1966年8月に敗れるまで、258試合公式戦連勝をしている。

 

 

 

 

 

東京オリンピックは、ブックメーカーのオッズにに賭けて観戦しよう!