まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



オリンピック関連コラム! 〜開会式の前に、競技が始まるのはなぜ?〜

 

 

 

オリンピックの開会式の前に、何故か、オリンピックの競技が始まっていることがある。
開会式の前に開始される競技として、最も知られているのが、『サッカー』 だ。

 

 

2016年のリオデジャネイロオ・リンピックは、8月5日(金)が開会式だったが、
サッカーは、その2日前の、8月3日から競技をスタート。

 

 

8月4日には、日本がナイジェリアと対戦して、惜しくも、「4-5」 で破れている。
もしも、完全なトーナメントなら、開会式前に帰国となってしまう。

 

 

ところが、サッカーの場合は、4チームずつのグループに分けられ、
総当たりで3試合を戦うため、開会式前に試合を行なっても、
問題ないと判断されたのであろう。

 

 

2018年の平昌オリンピックでは、「カーリング・ミックスダブルス」 の総当たり戦の一部と、
「スキージャンプ・男子ノーマルヒル個人」 の予選が、開会式前に実施されている。

 

 

どうして、開会式よりも先に競技を先に始めるのか?
開会式を前倒しにするのが、正しいのではないのか?

 

 

開会式を前倒しにできない理由は、オリンピック憲章に、
「開会式当日を含めて、16日を超えてはならない」
と、書かれているからだ。

 

 

通常は、金曜に開会式を行い、翌々週の日曜に閉会式を行う、
16日のスケジュールが組まれる。

 

 

かつて、サッカーも、16日間の日程の中で行なわれていた。

 

 

「マイアミの奇跡」 で知られる、1996年のアトランタオリンピックでは、
開会式後から競技をスタートしたため、日本代表も、
中1日でグループステージ3試合を戦っている。

 

 

サッカーのワールドカップでは、約1ヶ月かけて行っていたため、
FIFAは、過密スケジュールを改善したいと考えてきた。

 

 

そこで、FIFAはIOCにかけあい、IOC理事会での承認を得れば、
延長できるルールの適用を受け、2000年のシドニー・オリンピックから、
開会式前から、競技をスタートすることになった。

 

 

2020年の東京・オリンピックでは、サッカー以外に、
ソフトボールが、開会式の2日前からスタートする、日程が組まれている。

 

 

また、アーチェリーとボートの予選が、開会式当日の日中に予定されている。
開会式の前から、熱い試合が繰り広げられるかもしれない。

 

 

 

 

 

東京オリンピック・サッカー、ブックメーカーのオッズ特集!