まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



オリンピック関連コラム! 〜3度オリンピック招致を失敗した、日本〜

 

 

 

イスタンブールとの激しい招致合戦の末、2020年の東京オリンピック招致に成功した日本。

 

 

2013年9月7日に、ブエノスアイレスで開かれた、
国際オリンピック委員会(IOC)総会の投票では、
ライバル都市のマドリードとイスタンブールを破り、
2020年のオリンピック・パラリンピックの、開催都市に選ばれた。

 

 

しかし、夏季オリンピックでは、1964年の東京オリンピック以降、
日本の都市は、3度招致で失敗している。

 

 

1度目は、1988年の夏季オリンピックに立候補した、名古屋市。

 

 

1977年に構想が発表されたが、財政難や官主導の招致だったこともあり、
反対する市民団体が複数結成されるなど、騒動もあった。

 

 

反対する団体の1つ、「名古屋五輪をやめさせる会」 は、
1981年の名古屋市長選挙に、名古屋オリンピック招致辞退のみを公約に、
市長候補を立候補させるほどだった。

 

 

選挙では、名古屋オリンピックを推進する、現職市長が当選するが、
オリンピック反対派の候補の票は、約2割にのぼっていた。

 

 

開催都市を決める投票が行われる、IOC総会には、
反対派が乗り込んで、現地でビラまきやデモをするなどした。

 

 

最大のライバルだった、オーストラリアのメルボルンが辞退したため、
韓国のソウルと一騎打ちとなったが、”52票-27票” で、破れている。

 

 

2度目は、2008年の夏季オリンピックに立候補した、大阪市。

 

 

当初から、財政難が心配されていた上に、
2001年に国際オリンピック委員会 (IOC) が、現地を視察審査した際、
バスが何度も渋滞に巻き込まれるなど、インフラ面の課題も露呈。

 

 

中国の北京、カナダのトロント、フランスのパリ、トルコのイスタンブールと、
競った投票では、第1回の投票で、僅か6票で最下位となり、落選している。

 

 

そいて、3度目は、2016年の夏季オリンピックに立候補した、東京。

 

 

ブラジルのリオデジャネイロ、スペインのマドリード、アメリカのシカゴと競った投票では、
1回目、2回目とも、3位の得票で落選している。

 

 

東京都は、落選後も、2020年大会の招致を目指し、
2016年招致失敗の反省を活かして、招致に成功した。

 

 

3度の誘致失敗を経て、誘致した東京オリンピック。
何としても、成功に終わって欲しいものである。

 

 

 

 

 

東京オリンピック、ブックメーカーのオッズ特集!