まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】2周年で、ボーナス大奮発♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】2周年で、ボーナス大幅UP♪

【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


宝くじ購入の豆知識!「今後の宝くじは、どうなる?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かつては、ジャンボ宝くじを購入する際、
 予約葉書が必要だったことを、覚えている人も多いだろう。

 

 

 

 賞金が高額化して、大人気となり、
 売り場に人が殺到し、はずみで圧死する人が出たこともあった。

 

 

 

 色々な歴史があり、幅も広がった宝くじだが、
 今後、どのような形で発展していくのだろうか。

 

 

 

 宝くじの普及宣伝事業は、長らく、発売団体である、
 都道府県、及び、政令市が、相互に協力して実施してきた。

 

 

 

 しかし、政権が、自民党から民主党に代わる中で行われた、
 事業仕分けの際に、「普及宣伝事業は廃止」 との方向が出され、
 平成22年以降は、社会貢献広報として見直され、今日に至っている。

 

 

 

 一方、宝くじ取次業者や、宝くじを利用した振り込め詐欺の発生など、
 新しい問題も起こっており、早急な対策が求められている。

 

 

 

 今後の方向性としては、一部宝くじで取り扱っているように、
 インターネットを利用した購入方法を、本格的に導入していく時代が来るだろう。

 

 

 

 売上向上のために、還元金に関する法律改正も、視野に入ってくるかもしれない。

 

 

 

 ジャンボ宝くじも、年間5本になると、新鮮味も薄れているのが現状だ。
 地域宝くじの売れ行きも、それほど芳しいものではない。

 

 

 

 格差社会と言われ、貧富の差が拡大しつつある現代社会においては、
 今後、売り上げを伸ばすのは、宝くじのみならず、どの分野でも困難な事業と言える。

 

 

 

 いくら、宝くじが、「夢を買う」 ものだとはいえ、
 将来に対する不安が蔓延している社会では、そこにお金をかける余裕はない。

 

 

 

 ”震災復興くじ” があったように、漠然とした地域振興というだけでなく、
 誰もが具体的なイメージを持てるようなものにしていかないと、
 今後、宝くじは厳しいのではないだろうか。