まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】2周年で、ボーナス大奮発♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】2周年で、ボーナス大幅UP♪

【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


宝くじ購入の豆知識!「宝くじの歴史について」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時代劇ドラマを鑑賞していると、
 時々、「富くじ」 を取り上げた回が、あるのをご存じだろうか。

 

 

 

 発祥は、江戸時代初期に、現在の大阪府である、摂津箕面の瀧安寺で、
 正月に参詣した人々が、自分の名前を書いた木札を、箱の中に入れ、
 1月7日に、寺僧が、キリで3回突いて当選者を選び、
 福運のお守りを授けたのが、現代に繋がる、「宝くじ」 の起源と言われている。

 

 

 

 最初は、お守りを渡すだけだったのが、
 次第に金銭を渡すようになり、大流行したため、
 一時、徳川幕府は、富くじを禁止した。

 

 

 

 その一方、幕府は、寺社にだけは、
 寺の修繕費用調達の方法として、富くじの発売を認めた。

 

 

 

 これが、よく時代劇で取り上げられている風景である。

 

 

 

 しかしその後、水野忠邦の推し進めた、「天保の改革」 で、
 富くじは禁止され、明治に時代は変わっても、その傾向は続き、
 「宝くじ」 として富くじが復活するのは、終戦直後の、
 昭和20年10月のことである。

 

 

 

 この、直前の昭和20年7月にも、軍事費を集める目的で、
 富くじを復活させているが、抽選日を待たずして、
 終戦となっているため、実質的な復活は、戦後といえる。

 

 

 

 復活した理由は、戦後の荒廃期で、激しいインフレが予想されたため、
 それを防ぐことが目的の、苦肉の策だった。

 

 

 

 その後、経済復興と共に、宝くじの形態も変遷を遂げ、
 1964東京五輪開催が決定した際は、開催までの5年間、
 宝くじに、オリンピックマークが施された。

 

 

 

 このように、宝くじの歴史はは、
 国家的プロジェクトに協賛する形を取るようになってから、
 人気も賞金も上がり、現在に至っている。