まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



マイケル・チャンの軌跡!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 錦織圭選手の活躍が、話題になっているテニス界。

 

 

 

 日本のみならず、アジアの期待を一身に背負っている感だが、
 アジアにルーツを持つ男子テニス選手として、唯一の4大大会制覇を、
 経験しているのが、錦織選手のコーチ、『マイケル・チャン』 その人だ。

 

 

 

 17歳3カ月で、全仏オープンを制した、
 最年少記録は、今でも破られていない、不滅の大記録である。

 

 

 

 世界でも屈指のベースラインプレーヤーとして、
 どんな球でも粘り強く拾い、試合を決してあきらめない、
 強靭なメンタリティは、錦織選手にも受け継がれている。

 

 

 

 マイケル・チャンは、両親が台湾からの移民で、アメリカに生まれた。

 

 

 

 175センチと小さな身体ながら、
 世界ランク2位まで昇りつめた、偉大な選手である。

 

 

 

 ハイライトは、何といっても全仏オープンを制した、
 1989年の、4回戦でのレンドル戦だろう。

 

 

 

 レンドルは、当時世界ランク1位。
 誰もチャンが勝利するとは、思っていなかった。

 

 

 

 試合が始まると、予想通りレンドルが2セット連取。
 しかし、ここからチャンが反撃し、2セットを取り返す。

 

 

 

 最終セットを迎えた時、チャンの足は、
 限界に来ており、痙攣を起こしてしまう。

 

 

 

 満足に動けない中、必死に喰らい付き、4-3とリードを奪う。
 そして、伝説の名場面が生まれた。

 

 

 

 なんと、チャンはレンドルの意表を突く、アンダーサーブを放ったのだ。
 レンドルの中途半端なリターンを、パッシングショットで仕留めたチャン。

 

 

 

 この試合に勝利したチャンは、その後も勝ち進み、決勝では、
 当時のトップ選手、エドバーグをフルセットで破り、全仏オープンを制した。

 

 

 

 その後も、小柄な体格で世界の強豪と渡り合い、
 4大大会で優勝1回、準優勝3回の成績を残している。

 

 

 

 チャンの残した足跡、世界で戦った経験は、
 錦織選手にとっても、貴重な財産となっているに違いない。

 

 

 

 

 

 

全仏オープン2020、ブックメーカーのオッズへ!