まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



団体競技初の五輪メダルは、ホッケーだった!

 

 

 

 

 

 

 

 ※ ”ホッケー” は、オリンピックの際には、ブックメーカーでオッズが付きます!

 

 

 

 

 

 近代ホッケーは19世紀半ば、イギリスのクリケット選手たちが、
 試合のできない冬場に始めたのが、起源と言われている。

 

 

 

 昔は、天然芝でのゲームが原則だったが、
 現在では、主要な国際大会は、人工芝で行われている。

 

 

 

 これは、1976モントリオール五輪の際、
 競技場の確保が難しかったので、人工芝を導入したことに起因している。

 

 

 

 日本におけるホッケーの歴史は古く、1906年、慶応義塾の講堂で、
 英国人牧師W・グレーが教えたのが、始まりである。

 

 

 

 1932年に開催された、ロサンゼルス五輪において、銀メダルを獲得し、
 日本初の団体競技メダルをもたらしたことは、あまり知られていない。

 

 

 

 ちなみに、その時の成績は、3か国中2位だった。

 

 

 

 ホッケーが、日本に普及した要因として、国体の存在がある。

 

 

 

 都道府県回り持ちの国体開催のおかげで、
 町のスポーツとして根付き、人工芝ホッケー場の整備も進んでいる。

 

 

 

 そういった地域では、スポーツ少年団組織から、
 中学・高校の部活動へと、競技を続ける道も確保されているし、
 ママさんホッケーも、盛んに行われていたりする。

 

 

 

 何かと批判の多い国体ではあるが、マイナースポーツの、
 地域振興や発展に繋げてきた功績は、大きなものがある。

 

 

 

 2012ロンドン五輪においては、女子代表チームが、
 ”さくらジャパン” という名称で試合に臨んだが、9位に終わっている。

 

 

 

 雨の多い日本では、人工芝で行えるホッケー、はとても魅力的なスポーツだ。

 

 

 

 老若男女問わず行えるスポーツでもあるため、
 本格的な高齢化社会が到来する中、ますますの広がりに期待したい。

 

 

 

 

 

 

「日本語対応ブックメーカー一覧|ご利用マニュアル配布中!」トップへ