まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】2周年で、ボーナス大奮発♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】2周年で、ボーナス大幅UP♪

【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


なかなかアジアの壁を越えられない、ハンドボール!

 

 

 

 

 

 

 

 ※ ”ハンドボール” は、ブックメーカーでも、オッズが付く競技です!

 

 

 

 

 

 ハンドボールという名の競技は、1880年代に、
 デンマークやスウェーデンなどで行われ始めたが、
 ボールを奪いながら、手でシュートして、得点を争う球技は、
 古代ギリシャから、各国で様々な名称を付けて、楽しまれてきたものである。

 

 

 

 従って、発祥はどこの国で、いつなのか?
 ということは、正確には分からない。

 

 

 

 国際的には、1897年に、デンマークで生まれたものとなっているが、
 日本では、「ドイツが発祥の地」 というのが、通説になっている。

 

 

 

 理由としては、五輪での初採用が、
 1936ベルリン五輪であったことからも分かるように、
 ハンドボールの国際的な普及にあたり、ドイツの力が大きかったことと、
 当時、日本がドイツと、同盟国であったことも関係しているだろう。

 

 

 

 日本代表は、男女ともに、長らく五輪出場を果たせていない。

 

 

 

 ”中東の笛” に代表される、不利な要素があるのも事実だが、
 多かれ少なかれ、それは、どのスポーツでもあることだ。

 

 

 

 愛好者人口の減少傾向に、歯止めがかからず、
 企業チームの活動縮小傾向は、止まらない。

 

 

 

 ヨーロッパでは、多くのプロ選手が活動している、ハンドボールだが、
 日本においては、「体育」 としてのなじみが深いため、
 なかなか強化が進んでいないのが、現状だ。

 

 

 

 サッカーが、プロ化を果たしたのを契機に、大きく成長したように、
 ハンドボールも、プロ化すれば伸びるかと言えば、そうとは限らない。

 

 

 

 それを支える基盤抜きには、プロ化という形態をとっても、
 実態は何も変わらないからだ。

 

 

 

 やはり、ここは協会が先頭に立ち、長期的プロジェクトのもとに、
 連続五輪出場を可能にする、基盤を作っていって欲しい。

 

 

 

 ハンドボールという競技に対する認識は、決して低くはないのだから。

 

 

 

 

 

 

「日本語対応ブックメーカー一覧|ご利用マニュアル配布中!」トップへ