まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



日本馬が海外に渡るようになったのは、いつからか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世界最高の賞金がかかるG1レース、『ドバイワールドカップ』 に、
 ホッコータルマエが、3年連続で挑むなど、日本馬の海外挑戦は、珍しくなくなってきた。

 

 

 

 ところで、日本馬が海を渡るきっかけになったのは、いつからなのだろうか。

 

 

 

 海外挑戦は、それまでにもあったが、現在の様に、
 頻繁になるきっかけを作ったのは、1998年のこと。

 

 

 

 牝馬、シーキングザパールが、フランスのG1レース、『モーリスドゲスト賞』 を制し、
 日本調教馬初の、海外G1レース制覇を果たして、以降のことだ。

 

 

 

 記念すべきレースの騎乗を務めたのは、現在でも現役バリバリの、武豊で、
 海外での騎乗経験が豊富で、フランス競馬にも精通していたことが、勝因の1つだった。

 

 

 

 そのわずか一週間後、同じフランスの地で、タイキシャトルが、G1レースに勝利している。

 

 

 

 さらに、翌1999年には、エルコンドルパサーが、フランスでG1を含む、重賞2勝の他に、
 名門レース、『凱旋門賞』 で、2着と健闘している。

 

 

 

 それまで、幾多の名馬が、期待を胸に海外挑戦を行っていたが、
 結果は、散々足るものに終わることが、多かった。

 

 

 

 日本国内でも、輸送には特別気を使うものだ。

 

 

 

 前日まで好調だった馬が、レースに向けて、前日輸送を行い、
 当日、惨めな結果に終わることは、珍しくはない。

 

 

 

 馬も人間同様、体調やメンタルなどに、影響されやすいものなのだ。

 

 

 

 初の海外G1を果たした、シーキングバザールは、
 フランスのレースに出走するのに、イギリスに入厩している。

 

 

 

 普段調教する馬場に、一番適していたのが、
 イギリス・ニューマーケットの調教場だったからだ。

 

 

 

 今と違い、情報もない時代に、海外勝利を飾ることができたのは、
 スタッフのこうした、緻密な計画があってのことだった。

 

 

 

 

 

 

凱旋門賞、ブックメーカーオッズへ