まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



女子サッカーの世代交代は、成功するか?

 

 

 

 

 

 

 

 ※ ”なでしこジャパン” の試合にも、ブックメーカーのオッズは付きます!

 

 

 

 

 

 6月に行われた、女子サッカーワールドカップにおいて、
 相変わらずの勝負強さで準優勝を果たした、女子サッカー日本代表。

 

 

 

 決勝戦での衝撃な負け方が、未だに人々の記憶に強く残るが、
 勝敗は時の運であり、そこまでの戦いぶりには、称賛を受けて当然だった。

 

 

 

 しかし、同時に世代交代の必要性も、強く感じられた大会でもあった。

 

 

 

 そこで、8月の東アジア選手権では、若手中心のチーム編成となったが、
 経験不足は否めず、手痛い敗北を喫することとなり、
 世代交代の難しさを、改めて示すこととなった。

 

 

 そうした状況を受け始まった、今年のなでしこリーグも、
 レギュラーシーズンを終え、復活を期すINAC神戸を、最終戦で、
 日テレ・ベレーザが、ポイントでひっくり返し、劇的な逆転優勝を飾った。

 

 

 

 一方、昨年のレギュラーシーズン優勝チームで、
 全日本キャプテンの宮間あや選手を擁する、岡山湯郷は、
 主力選手の引き抜きもあり、7位と不調で、入れ替え戦のプレーオフに回ることとなった。

 

 

 

 戦力拮抗と言えば聞こえはいいが、要はそれだけ、
 各チームとも、選手層が薄いということの現れである。

 

 

 

 8月の東アジア選手権で、キャプテンを務めた、
 川村優理が率いる仙台が、7位から3位に躍進したり、
 出場機会を求めて、若手選手が、強豪チームから他チームに移籍し、
 少なからず結果を残していることは、明るい材料だ。

 

 

 

 しかし、それだけでは、これまでのレギュラーを脅かすには、とても至らない。

 

 

 

 もっと個人の力で、試合を決定づけるような、
 若手選手が出てこないと、なかなか世代交代は難しいだろう。

 

 

 

 リオ五輪までの道は、ある意味、
 本大会で勝ちぬくよりも、狭き門となっている。

 

 

 

 外部の声に惑わされず、しっかりと、
 出場権を獲得できるチーム編成を、行ってもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

『アジアカップ2019、ブックメーカーのオッズ!』