まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】2周年で、ボーナス大奮発♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】2周年で、ボーナス大幅UP♪

【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の、
今イチバン熱いゲーム、『Gonzo’s Quest』 が、プレイできます!

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


大相撲が不祥事を乗り越え、再び国技と呼ばれる日は来るのか?

 

 

 

 

 

 

 

 ※ 残念ながら、”相撲” は、ブックメーカーでオッズが付きません...

 

 

 

 

 

 2011年に起きた八百長問題で、それまで築き上げてきた、
 大相撲の威信は、いとも簡単に崩れ去った。

 

 

 

 それまでは、噂程度には取り上げられていた問題だったが、
 現役の力士が携帯を使って、星取り勘定をしていたなどの、
 生々しい証拠が明らかになるや、世間の猛烈な批判を浴び、
 興行が休止されるなど、大きな打撃をこうむった。

 

 

 

 その後、組織改善などが行われ、これまで通り、
 テレビ放送も行われるようにはなったものの、
 未だに、信用回復しているとは言えない状況だ。

 

 

 

 そもそも、不祥事が発覚する以前から、
 外国人力士が長年優勝し、日本人横綱の長期不在など、
 大相撲が国技と呼べる状況かどうかについては、多くの異論があった。

 

 

 

 日本人力士が育たない理由としては、少子化の影響、
 厳しい稽古に耐えられるだけの、ハングリーさに欠けるなど、様々だ。

 

 

 

 昔は、少し身体が大きい子どもに対しては、
 相撲部屋に行けなどと、親戚がよく声をかけたものだが、
 今ではそんな声は、とんと聞かれなくなった。

 

 

 

 それだけ、太るという行為に対しての嫌悪感の広がり、
 力士の引退後の潰しの利かなさなどが、
 広く世間に沁みわたっていることの、証しなのだろう。

 

 

 

 また、様々な種類の格闘技が、
 興行として一定の成功を納めていることも、
 大相撲に人材が流れにくい、要因かもしれない。

 

 

 

 今後、相撲協会が成すべきことは、
 国技などというプライドはかなぐり捨て、
 相撲本来の魅力を、地道に伝えていくことである。

 

 

 

 特に、多くの力士を輩出した、東北地方での、
 高校相撲部の部員不足などによる廃部問題は、深刻である。

 

 

 

 地道な人材発掘なしに、日本人横綱及び、
 大相撲人気の復活は、成し遂げられないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

「日本語対応ブックメーカー一覧|ご利用マニュアル配布中!」トップへ