まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



今年の日本シリーズを制するのは、どのチームか?

 

 

 

 

 

 

 

 ※ もちろん、”日本シリーズ” にも、ブックメーカーでオッズが付きます!

 

 

 

 

 

 残り試合が少なくなり、優勝争いが佳境に入ってきた日本プロ野球。

 

 

 

 パ・リーグは、ソフトバンクの記録的圧勝に終わったが、
 2位の日本ハム、3位争いを繰り広げる西武とロッテとの、
 クライマックスシリーズは、どう転ぶかわからない。

 

 

 

 特に、短期決戦は、数々の煮え湯を飲まされた歴史を、
 ソフトバンクは持っているし、「こいつが投げれば勝てる」 という、
 絶対的エースの不在が、どう影響するか。

 

 

 

 層の厚さを誇るとはいえ、打線は水もの。

 

 

 

 投手力には、それほど大きな差がないため、工藤新監督の実力が、
 クライマックスシリーズで、本当に試されると言えるだろう。

 

 

 

 かたや、歴史に残る大混戦を繰り広げてきた、セ・リーグは、
 ヤクルトにマジックがついた。

 

 

 

 優勝争いは、ヤクルトと巨人、

 

 

 

 3位争いは、阪神と広島という構図だが、
 どこが勝ち上がってきても、パ・リーグの覇者に、
 勝てるだけの能力があるかと言えば、疑わしいところだ。

 

 

 

 交流戦でも、毎年示されている通り、
 今のパ・リーグとセ・リーグの間には、戦力の開きが随分とある。

 

 

 

 かつては、オールスター戦しか試合がなく、
 「人気のセ、実力のパ」 と言われていたが、
 今や人気・実力ともに、パ・リーグがセ・リーグを凌駕しつつある。

 

 

 

 このままの状態が長く続くようであれば、
 再び、1リーグ制問題が頭をもたげ、大きな混乱を招くことだろう。

 

 

 

 そうならないためにも、セ・リーグのチームには、
 奮起してもらいたいところだ。

 

 

 

 ヤクルトの好調ぶりは、何と言っても、打線の好調さにある。

 

 

 

 この調子が、クライマックスシリーズも続くようなら、
 勢いに乗って、頂点まで駆け上る可能性もある。

 

 

 

 野村ID野球の薫陶を受けた、真中監督の采配に注目したい。

 

 

 

 

 

 

 

「日本語対応ブックメーカー一覧|ご利用マニュアル配布中!」トップへ