まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



ボクシングコラム!〜日本人チャンピオンの歴史、白井義男〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2015年で、戦後70年を迎える日本。
 戦後復興において、スポーツは大きな役割を果たしてきた。

 

 

 

 まだ、復興の途上にあった昭和27年、日本で初めての、
 ボクシング世界タイトルマッチが、後楽園球場で行われた。

 

 

 

 当時、プロ野球はまだ、フランチャイズ制が確立される前で、
 後楽園球場は、巨人軍のホーム球場として、定着していなかった。

 

 

 

 まだ、プロ野球よりも、大学野球の方が人気があった、時代の話である。

 

 

 

 そうした中、後楽園球場に満員の観客が押し寄せて、試合が始まった。
 誰もが、白井に期待し、敗戦に打ちひしがれた思いを、熱い視線に乗せていた。

 

 

 

 試合開始は、午後8時過ぎ。

 

 

 

 白井が、コーチ兼マネージャーのカーン博士と共に、姿を現す。
 ゴングが鳴り、前半は静かな闘いが続いた。

 

 

 

 29歳の白井と、35歳のマリノは、
 ともにスタミナの消耗を避け、派手な打ち合いを避けたのだ。

 

 

 

 じりじりとした闘いが続く中、試合が動いたのは、第7ラウンド。

 

 

 

 マリノの左フックが、白井を襲う。
 しかし、観客が大声援で白井を後押しし、猛反撃を開始する。

 

 

 

 カーン博士直伝のワン・ツーが、マリノの顔面にヒットする。
 後半までスタミナを溜めていた成果が出始め、白井の勢いが増していく。

 

 

 

 最終・15ラウンド終了のゴングが打ち鳴らされると、
 後楽園球場に集まっていたファンの誰もが、白井の勝利を確信し、
 ジャッジの採点を、レフェリーが読み上げる前から、
 勝利の万歳を繰り返していたのだ。

 

 

 

 白井の勝利は、ボクシングだけのものではなかった。

 

 

 

 敗戦に打ちひしがれ、全ての面で自信喪失していた、
 日本人を勇気づけることになった。

 

 

 

 この後、日本は急激な復興を遂げていくが、
 それは、白井のチャンピオンの栄光と、無関係ではなかった。