まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



ボクシングコラム!〜タイトルマッチ:『マイク・タイソン』〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時代が、昭和から平成へと移り変わり、
 日本中がバブル景気に沸きかえった、80年代末、
 その影響は、スポーツ界にも大きかった。

 

 

 

 日本初のドーム球場である、”東京ドーム” が完成し、
 様々なスポーツイベントが開催され、多くのスペシャリストが来日した。

 

 

 

 ヘビー級に、彗星のごとく現れた、マイク・タイソンもその一人で、
 瞬く間に、3団体のヘビー級王座を統一し、若くして絶頂を極めていた。

 

 

 

 3度目の統一王座戦が、東京ドームで行われることが決定し、
 タイソンの人気と、バブル景気もあって、リングサイドの特別席は、
 10万円の値が付いたが、飛ぶように売れ、昭和63年3月、
 会場には、5万1千人のボクシングファンが詰めかけた。

 

 

 

 タイソンに挑むのは、元王者のトニー・タップス。

 

 

 

 世界ランキング2位の実力者だったが、
 全盛期のタイソンにとっては、大した敵ではなかった。

 

 

 

 開始ゴングと同時に、タイソンはタップスに襲いかかる。

 

 

 

 いつ、タイソンのダイナマイトパンチが炸裂するのか?
 観客の興味は、試合開始から1分もたたない内に、その1点に絞られた。

 

 

 

 2ラウンド終盤に、タイソンが、ボディへの右フックから右アッパーと、
 得意のコンビネーションを見せると、タップスの巨漢がよろめいた。

 

 

 

 チャンスと見たタイソンは、素早く踏み込んで、
 左フックをタップスの顔面に炸裂させると、
 タップスはキャンパスに崩れ落ちた。

 

 

 

 レフェリーのカウントより先に、トレーナーが飛び込んでくる、
 衝撃のKO劇に、観客は酔いしれた。

 

 

 

 その後もタイソンは、次々と対戦相手をKOで葬り去り、
 1年10ヶ月後に、再び、東京ドームのリングに上がる。

 

 

 

 相手は無名の、ジェームス・バスター・ダグラス。

 

 

 

 誰もが、タップス戦同様、タイソンの圧勝に終わると予想していた。
 しかし、世紀の番狂わせによって、タイソンはKO負けを喫してしまう。

 

 

 

 その後のタイソンは、順風満帆とは、
 とても言えない日々を過ごすことになるが、

 

 

 

 ヘビー級に、再び人々の関心の目を向けさせた、
 その圧倒的強さは、永遠に、世界中の人々の心に記憶されることだろう。

 

 

 

 

 

 

「ブックメーカーみんな.com」トップへ