まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】ウェルカムボーナスは、”業界最大ボリューム”♪






3rd入金まで、「入金額:100%ボーナス」 or 「$1入金:2フリースピン」&
       「初回入金日より、”7日間合計:250フリースピン”」



日本語対応オンラインカジノ、【ラッキーニッキーカジノ】の、
ウェルカムボーナスは、”業界最大ボリューム”♪

初回〜3回目までの入金で、下記のボーナスが、選べます!
(各回最大:$333/3回合計:$999)


・「入金額:100%マッチボーナス
・「$1入金:2フリースピン


さらに、初回入金後、7日間連続ログインで、”合計:250フリースピン” を、無料でプレゼント♪
ラッキーニッキーカジノは、


クレジットカード入金
・日本時間・16時〜23時、日本語サポート(メール/電話/土曜日以外)


また、【ラッキーニッキーカジノ】 では、”NetEnt” の今イチバン熱いゲーム、
『Gonzo’s Quest』 も、プレイできます!

とにかくまずは、【ラッキーニッキーカジノ】 に、ご訪問ください☆
(詳しくは、下記バナーより、『HP → プロモーション → ウェルカムボーナス』へ!)







詳しくは、『ラッキーニッキ―カジノHP』→『プロモーション』→『ウェルカムボーナス』より!





【LuckyNiki Casino】 詳細情報!


プロ野球2016、セ・パ展望! 〜ブックメーカーみんな.com〜記事一覧

 広島の前田健太投手が海を渡り、メジャーリーグへの挑戦が決まってから、しばらく経つ。 所属するのは、かつて野茂や黒田が在籍した、ロサンゼルス・ドジャース。 肘の手術を見越しての、8年契約というから、期待の高さが窺い知れる。 同時に、年棒は活躍に応じての、オプションの部分が、 多いというのも、メジャーならではと言える。 テキサス・レンジャーズのダルビッシュ投手も、5月には手術から復帰予定で、 シアト...

 2月に入り、各チームともキャンプインする中、球界を揺るがす大問題が巻き起こった。 名球会会員でもある、元プロ野球選手、 清原和博の覚せい剤取締法違反の、現行犯逮捕である。 昨年に起こった、野球賭博以上の不祥事でもあり、現役時代から、 使用していたなどの情報も、飛び交うなど今後も追及される問題である。 PL学園時代から一世を風靡し、多くの現役選手が、清原容疑者達の世代に憧れて、 野球を始め、プロ野...

 本塁打王・盗塁王を獲得した、山田哲人を筆頭にした圧倒的攻撃力と、 外国人投手3人をリリーフ起用した、鉄壁の救援陣で、 14年振りの、リーグ優勝を果たした、昨年のヤクルト。 今年は、昨年不本意なシーズンに終わった、バレンティンが復帰することで、 更なる打撃陣の強化が予想されるが、一方で、打線の繋がりを、 欠いてしまうことも、危惧される部分だ。 果たして、ヤクルトは昨年と同様に、快進撃することはでき...

 FA選手を次々とかき集め、超重量級打線を形成していたのも、遠い昔。 昨年の巨人は、チーム打率がリーグ最低に終わるなど、 得点力不足解消が、ここ数年の課題となっている。 捕手としてチームを支えてきた阿部を、一塁に持ってきたかと思えば、 また捕手に戻したり、今の巨人には、球界の盟主と呼ばれた雰囲気は、 ほとんど感じられず、ただ単に歴史のある、1チームとなっている。 これを打破すべく、高橋新監督を誕生...

 チームスローガンに、”超変革” を掲げ、キャンプインした今年の阪神タイガース。 2度の優勝に貢献した金本新監督の下、上昇気流に乗りたいところだが、現実はそう甘くはない。 コーチ経験を積んだ生え抜きか、実績を積んだ監督しか招聘してこなかった阪神が、 評論家経験しかない、金本新監督を誕生させたこと自体が、大きな驚きだが、 それだけ、現実に危機感を持っていることへの、表れなのだろう。 主力が高齢化し、...

 一昨年CS進出を果たした戦力に、ヤンキースから黒田投手が復帰し、 1991年以来のリーグ優勝に、大きく期待が膨らんだ、広島カープ。 しかし、結果は無残なものだった。 大混戦となったセ・リーグを抜け出すこともできず、勝てば、 CS進出がかかった本拠地での試合で、精神面の弱さが露呈し、 優勝どころか、Bクラス転落という憂き目を味わった。 さらに、エースの前田投手がドジャースへ移籍し、 その穴を埋めら...

 2004年の落合元監督の就任以降、投手力と守りを中心に、安定した成績を出し、 黄金時代を築いた中日だったが、主力の高齢化もあり、この3年間はBクラスに沈んでいる。 若手育成を怠ってきた結果と捉える向きもあるが、 そもそも、プロ野球選手の、 選手寿命が延びている昨今、誰もが認める成績を出し、ベテランを追い抜くほどの、 選手がいなかったことが、問題である。 選手兼任から監督専任となった、谷繁監督にと...

 昨年は、前半快進撃を続け、首位に立った横浜DeNA。 ところが、中畑監督の続投を匂わせる発言が出た頃から、 チームは勢いを失い、前半戦を首位で終えながら、最下位転落という、 プロ野球史上初めての、不名誉な出来事を作ってしまった。 心機一転、過去に在籍したラミレス新監督の下、新たなスタートを、 切ることになったが、戦力の薄さは、いかんともしがたく、 今年も、厳しいシーズンを送ることになるかもしれな...

 秋山監督の有終の美を飾った、2014年の優勝。工藤新監督の元、 2連覇を果たした、2015年に続き、3連覇を目指している、ソフトバンクホークス。 特に昨年は、圧倒的強さを見せ、今年は初の年間100勝チーム誕生かと、 囁かれるぐらい、充実の戦力を誇っているが、本当に、死角はないのだろうか。 昨年、唯一不安だったのは、先発投手陣だ。 短期決戦になった場合、絶対的なエースがいないことが、 不安視されて...

 北海道移転以来、FA市場に手を出さず、ドラフトを軸に若手育成で、 主力選手流出に対応しながら、安定した成績を収めてきた、日本ハムファイターズ。 昨年のオフも、その方針は変わることなく、ドラフト指名選手を除けば、 新外国人投手2名を獲得したことしか、目立った補強はなかった。 それを可能にしているのは、ドラフトで指名した選手の、順調な成長だ。 すぐに頭角を現したのは、今や日本のエース格になった、大谷...

 昨年低評価を覆し、Aクラス入りを果たした千葉ロッテマリーンズ。 最後は巨大戦力、ソフトバンクの前に屈したものの、 短期決戦に強い、ロッテの健在さをアピールできた。 とはいうものの、Aクラス入りを果たせたのは、西武の失速によるところが、 大きかったし、首位ソフトバンクには、20ゲーム近く差を着けられての、 3位だったから、とても褒められたものではない。 さらに、2度の日本一に貢献した今江が楽天に、...

 1982年の初優勝以来、30年に渡り強豪の地位を確立し、 野球界の王者として君臨してきた、西武ライオンズ。 ところが、2014・2015年と2年連続で、Bクラスに沈み、 かつての常勝のイメージは、地に落ちてしまっている。 投手も野手も、レギュラー陣は他球団と比べても、 そん色のない陣容を誇っているが、いかんせん、 控えの層が弱いことと、何よりも以前の様な勝負強さが、 見られなくなっているのが、気...

 一昨年、優勝したソフトバンクを、あと一歩というところまで追い詰め、 メジャーでマイナー暮らしに沈んでいた、元西武の中島を始め、 珍しく大型補強に乗り出し、期待されていた、昨年のオリックス。 ところが、ふたを開けてみると、開幕から大きく負け越し、 その後も低空飛行を続け、遂には、森脇監督が休養する事態となった。 その後を引き継いだ、福良監督代行がそのまま監督に昇格し、 仕切り直しとなった、今期のオ...

 田中投手の活躍で、感動の初優勝を果たし、 被災地東北に希望と勇気を与えた、2013年からもうすぐ丸3年。 田中投手がヤンキースに移籍したのを機に、 2年連続最下位と、元の姿に戻ってしまった楽天イーグルス。 加えて、オーナーの現場介入に端を発した、田代打撃コーチの、 シーズン中電撃退団など、散々な状況を送っている。 梨田新監督が就任したものの、上がり目要素は少なく、 オコエら、ドラフト目玉選手が育...