まずは、当サイトよりお知らせを!



【ラッキーニッキ―カジノ】登録するだけ、「$30」 プレゼント♪






※ 【ラッキーニッキーカジノ】では、ウェルカムボーナスも、”業界最大級のボリューム” です♪




当サイト&姉妹サイト経由で、【ラッキーニッキーカジノ】 に登録されますと、
入金不要の、「登録するだけ、$30のボーナス(スロット限定)を、ご獲得いただけます!!
(ご登録後、確認メールに記載された、”認証リンク” をクリックしてください!)

登録すれば、入金せずに現金プレイが楽しめますので、是非、ご獲得ください♪
(詳しくは、オンラインカジノに特化した姉妹サイトにて... ↓↓↓)







「クレカ入金・電話での日本語サポート、業界最大級の入金ボーナス」 など、おすすめがいっぱい♪




【ラッキーニッキーカジノ、登録ボーナス】 の詳細情報!



日ハムの安定感はいつまで続くのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北海道移転以来、FA市場に手を出さず、ドラフトを軸に若手育成で、
 主力選手流出に対応しながら、安定した成績を収めてきた、日本ハムファイターズ。

 

 

 

 昨年のオフも、その方針は変わることなく、ドラフト指名選手を除けば、
 新外国人投手2名を獲得したことしか、目立った補強はなかった。

 

 

 

 それを可能にしているのは、ドラフトで指名した選手の、順調な成長だ。

 

 

 

 すぐに頭角を現したのは、今や日本のエース格になった、大谷ぐらいだが、
 問題があっても、辛抱強く起用された結果、日本代表の4番を、
 任せられるまでになった中田翔など、多くの選手が活躍している。

 

 

 

 選手の素質を見抜くスカウトの目と、選手の長所を伸ばし、
 成長を促す指導体制は、日本の球団の中で、トップクラスと言える。

 

 

 

 しかし、昨年は2位とはいえ、ソフトバンクに独走を許し、
 CSではロッテに足元をすくわれる、失態を犯した。

 

 

 

 そろそろ日本ハムにも、変革の時が訪れているのだろうか。

 

 

 

 投手・野手共に、若い人材に溢れ、順調に成長している日本ハムの中で、
 唯一、レギュラーが固まりきれていないのが、キャッチャーである。

 

 

 

 もっとも、それは日本ハムに限ったことではなく、さらに言えば、
 プロ野球だけでなく、小学生の時点から、人材不足に悩んでいるのが現状だ。

 

 

 

 DHとして、打率3割を超えた近藤捕手は、内野手への転向も考えられている。

 

 

 

 最近は、投手さえ充実していれば、捕手のリードは関係ないという、
 風潮が、一部にはあるが、そうしたことが、球界全体の捕手不足を産み、
 ひいては、野球の味気なさを引き起こしている。

 

 

 

 日本ハムには育成の巧さを、捕手の分野でも、他に先駆けて行って、
 勝ち続けてもらいたい。

 

 

 

 

 

 

ブックメーカーで、プロ野球オッズに賭けよう!